テーマ別研修

ダイバーシティ研修

ダイバーシティ研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

多様性への認識を強化するダイバーシティ研修

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 多様な人材の活用を考えている職場のメンバーやリーダーの方
  • 様々な立場や状況にある優秀な人材に今後も活躍してもらうための人事制度運用に関わる方
  • 育児や介護などとの両立を支援することで多くの社員が働きやすい環境を構築したい方

ダイバーシティ研修のラインナップ

多様性研修

様々な価値観を受け入れるという意識を持ち、多様な人物が活躍できる組織づくりを行うための研修です。

障がい者活躍推進研修

障がい者の方に対する正しい理解をした上で、一緒に働くための受け入れ態勢を整えていく方法を身につける研修です。

女性活躍推進研修

女性社員の能力を生かして組織全体へ還元してもらうために、女性が働きやすい環境を作るための研修です。

LGBT研修

LGBTについての理解を深め、当事者にとっても周りにとっても働きやすい環境を作るための研修です。

外国人活躍推進研修

外国人労働者を受け入れるために必要な知識、環境づくりを行い、採用活動を活性化させることを目標とした研修です。

育児・介護・病気対応研修

介護・育児・病気などを抱える社員にも長く働いてもらうために、仕事と両立するための支援方法を身につける研修です。

アンコンシャスバイアス研修

自分では中々気づきにくい偏見などのバイアスパターンを理解することで、バイアスが発生してもすぐに気がついて対応できるようにするための研修です。

再任用研修

再任用される側は役職理解をし、働く意識を向上させる、受け入れ側はコミュニケーションの取り方などを学びお互い働きやすくするための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 新しい雇用を取り入れるが、現場の受け入れ体制に不安がある
  • 様々な人材の雇用によって起こりうる問題を未然に防ぎ、働きやすい環境を整えたい
  • 必要とされる能力があるのに、働き方の不一致によって辞職してしまう社員がいる
  • 様々な人材の活用によって、組織やチームのパフォーマンスを上げたい

ダイバーシティ研修の概要

性別、人種、国籍、宗教、年齢、学歴、職歴などの多様さを業務に活かすための考え方であるダイバーシティについての知識を習得し、価値観の異なる多様な人材がわかり合える組織の構築に活かせる研修が多数用意されています。

ダイバーシティ研修イメージ

リカレントダイバーシティ研修の特徴

リカレントのダイバーシティ研修には次のような特徴があります。

明確な目標を持ったカリキュラム

ダイバーシティの考え方に沿った組織の構築と活性化を目標として、そのために必要な準備と計画、働きやすい環境づくりまでを含めた実践のノウハウを学習します。国内においては人種、宗教等の多様性よりも性別、育児、ワークスタイル、障害者雇用といった多様性で使用される事が多いのですが、どの事項についても対応する研修メニュー構成となっています。

研修内容が即座に応用可能

多くの事例を使って、ディスカッションや経験の共有を行い、自社では何を目標にどのような取組みをどこから始めたらいいのか、何が課題なのかなどを検討できる内容となっています。

研修カリキュラムの流れ

ダイバーシティ研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01ダイバーシティとは

    ゴール

    ダイバーシティの基礎を理解する

    • ダイバーシティとは
    • ダイバーシティの誕生と性格
    • ダイバーシティとインクルージョン
    • 働き方のダイバーシティ
    • 経営戦略としてのダイバーシティ
  2. 02属性について

    ゴール

    それぞれの属性について理解する

    • ダイバーシティの属性
    • 女性
    • シニア
    • 障害者
    • 外国人
    • LGBT(性的マイノリティ)
  3. 03多様性を踏まえた従業員の働き方

    ゴール

    それぞれの属性が抱える課題を理解し、対応を検討する

    • 働き方のダイバーシティ
    • 属性による当事者たちの悩み
    • 属性による周囲や職場の課題
    • インクルージョンという考え方
  4. 04経営戦略としてのダイバーシティ

    ゴール

    ダイバーシティの推進の価値と方法を知る

    • 経営戦略としてのダイバーシティの効果
    • 多様性の価値を知る
    • 労働力の確保
    • イノベーションに活用
    • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
  5. 05ケーススタディ

    ゴール

    取り組み事例から推進の取り組み方を学ぶ

    • 経済産業省の取り組み
    • 【ケーススタディ】企業の取り組み事例のいろいろ
    • 【ディスカッション】成功の要因を分析する
  6. LASTダイバーシティの導入

    ゴール

    自社で導入・推進方法を検討する

    • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
    • 【ディスカッション】自社における計画から実施のシミュレーション

ダイバーシティ研修参加者からの声を一部ご紹介します

ソフトウェア開発企業様

内容: 満足・良かった

93.3 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ある程度は知識を持っていると思いましたが「単身赴任は父親のみ」など思いもよらなかった偏見を再認識することができました。また、障がい者やLGBTについて、正しい認識を学べて良かったです。
  • 頭では理解してると思っていたが、研修を通じてダイバーシティ、インクルージョンについて理解が深まった。特に、アンコンシャスバイアスについては、普段の会話でも気を付けないといけないと気づきがあった。
  • コミュニケーションが大事だと再認識させられた。また思い込みや先入観を持たないように意識するように心がけようと思った。
  • 基礎から詳細な説明と移っていくことで、ダイバーシティの考え方がよく理解できました。
  • 具体例を含めて説明していただき分かりやすかった。意見を肯定的に受け入れてくれるので発表しやすい。

化学メーカー様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 特にローコンテクスト/ハイコンテクストの項目において、”多文化間ではローコンテクストを心がけること”は海外のみならず、社内ミーティングでも実践していきたいと考えています。
  • 特にカルチャーマップを用いた各国の説明はわかりやすく、今後他国とやり取りするうえで、役に立つと感じました。
  • 今、実際に接している諸外国に関し、普段、思っている特徴と比較(納得)できる点、注意すべき点が判り、良かったです。
  • とても分かりやすかった。異文化は見る立場によって全然捉え方が違うので自分の立ち位置を理解するのが大切なんだなと思いました。
  • 説明が明快であり、また声も聞き取りやすく、助かりました。質疑応答の答えも的確であり、また経験談を交えてご説明頂き、非常に分かり易かったです。

製薬企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 気づきが多かったのでぜひ明日から行動に移したい。また、他の方々の考え方を聞けたのも学びとしては大きかった。
  • zoomでありながら聞いてるだけにならず緊張感を持って参加できました。テキストの内容だけでなく、講師の方の体験やデータの共有を交えて伺えたのが良かったです。
  • D&Iやアンコンシャスバイアスの言葉すら知らない人向けに基礎からご説明してくださったので、大変良かったです。グループワークも取り入れてくださり、多くの方のいろんな意見が聞けて大変有意義でした。
  • 本日は1日ありがとうございました。とても丁寧に説明いただき、理解ができました。自分も本など読んでみたのですが、「現実」と「思い込み」の線引きが難しいと感じています。講習で学んだことを1つでも実践していきたいと思います。
  • とてもわかりやすい内容と説明でした。講師の方が経験豊富であり実例を交えてご説明していただいたので理解しやすく、イメージしながら受講することができた。話すペース、話し方などとてもスッと入ってきました。
  • なぜ必要なのか、経緯も含めてお話いただいたので、納得感がありました。

高等専門教育機関様

内容: 満足・良かった

95.0 %

講師: 満足・良かった

95.0 %

研修参加者の声

  • ダイバーシティは最近よく耳にする言葉でなんとなく知っていましたが、インクルージョンという言葉や考え方は初めてでしたのでとても貴重な研修でした。研修を受けられてよかったです。
  • 誰もが働きやすい職場環境について考える一つになりました。アンコンシャスバイアスなどは特に職場だけでなく日常でも気を付けたいと思います。
  • 90分という短い時間でしたが、要点を非常にわかりやすく説明していただきました。ありがとうございました。
  • 具体的な例もあり非常にわかりやすい教材でした。
  • 広いテーマについて、コンパクトにまとめていただきありがとうございました。重要なことを、易しい言葉でご説明いただいて、本日の内容の1つ1つが、“言いたいことを言える安全な環境”をつくることにつながっていることがわかりました。
  • アンコンシャスバイアスについて、いい・わるいではなくて、存在を認めてどのように対応する必要があるかをお話しいただけたのが良かったと思いました。

よくあるご質問

管理職以外も受講できますか?

はい、可能です。
受け入れをするのあたって、働くメンバーの皆様にも知識をつけていただくことが必要になります。受講される方や目的に合わせて最適な研修をご提案いたします。

どれくらいの人数で受講するのが良いでしょうか?

人数の制限はございませんが、ワークを交えた双方向の形式であれば、1クラス30人くらいまでをおすすめしています。
研修時間やクラス数などもご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

豊富な研修実績

リカレントのダイバーシティ研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに職場で実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00