研修TOP > テーマ別研修 > ダイバーシティ研修 > 育児・介護・病気対応研修 > 【マネージャー・人事向け】仕事と育児の両立支援研修

【マネージャー・人事向け】仕事と育児の両立支援研修

力のある女性に長く働き続けてもらい、最大限の貢献をしてもらうための両立支援ノウハウを学ぶ

本研修は、マネージャーや人事が仕事と育児の両立支援に必要な知識とスキルを身につけるための研修です。

マネージャー・人事向け 仕事と育児の両立支援研修とは?

「仕事と育児の両立支援」研修とは、育児期の従業員が仕事と育児を両立するためにマネージャーや人事が、知っておくべき知識やサポートとスキルについて学ぶ研修です。
女性の社会進出とともに、育児をしながら仕事を継続するワークスタイルは推奨され、仕事と育児の両立を支援する法的な基盤も整備されてきました。近年のダイバーシティという考え方の中で、企業が育児支援に積極的に取り組むことは経営戦略の一環ともなってきています。一方で、当事者にとっては育児をしながら就労することは心身ともに負荷がかかり、簡単なことではありません。
仕事と育児の両立支援研修は、心身の健康を維持しながら、職場にもネガティブダメージを与えずに、継続就労を実践する、またそれを支援する知識を得る研修です。

その他のマネージャー・人事向け 仕事と育児の両立支援研修関連情報

当ページの研修は講師派遣型研修です。その他の研修や関連研修は下記より確認ください。

公開型研修

  • 現在予定されている公開型研修はありません

研修内製化パッケージ

  • 本研修では内製化用パッケージは利用できません

本研修の狙い

力のある女性従業員に安心して長く働き続けてもらうために、仕事と育児の両立支援に必要な知識とスキルを身につけます。マネージャーはチームの生産性を低下させないマネジメントスキルを、人事はコンプライアンスやダイバーシティの視点から、求められる支援体制の構築がわかります。

本研修の対象

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職、人事

研修概要

本研修は、マネージャーや人事が仕事と育児の両立支援に必要な知識とスキルを身につけるための研修です。

近年のダイバーシティという考え方の中で、企業が育児支援に積極的に取り組むことは経営戦略の一環ともなってきています。一方で、育児をしながら就労することは心身ともに負荷がかかり、簡単なことではありません。

本研修で、企業コンプライアンスを前提に、ワークライフ・バランスやダイバーシティの視点を加えて、法的な制度を活用しながら社内事情に合わせた支援の体制づくりの方法がわかります。そして、該当社員とチームの心理や、物理的な困難を理解し、ラインの対応力を上げることができます。また、事例を通じて育児支援を企業プロモーションに活かすアイデアも得ることができます。 

本研修を実施すると

  1. 仕事と育児の両立を支援できる法的制度や社内サポート体制づくりなど、企業の取るべき対応が理解できます
  2. ラインケアにおける、育児をしながら働く従業員への対応の知識とスキルを身につけます
  3. 育児休暇者がいるときの職場の人的・業務的なマネジメントと、スタッフフォローのポイントをつかみます

研修の特徴

産休前から復帰にわたる望ましい両立支援体制づくりがわかる

安心して産休に入り、職場復帰後も以前のパフォーマンスを維持できるような支援の体制とはどのようなものか。法的支援制度を確認しながら会社の制度を整え、望ましい両立支援体制を構築する方法が見えてきます。

当人とチームの困難を理解し、ラインの対応力を上げる

当人はどのような心理状態で、どのようなことが困難となり、どのようなサポートが必要なのか。それらを理解し、ラインケアにおいて当人やチームの生産性低下を招かない適切な対応・支援がわかります。

コンプライアンスや企業PRにつながる支援方法がわかる

企業コンプライアンスに加えて、ダイバーシティやワークライフバランスの視点から求められる支援の体制づくりがわかります。また「くるみん」マーク取得のためのポイントを把握することができます。

研修想定時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元にカスタマイズにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 仕事と育児の両立支援の現状 【ゴール】育児をしながら就労している労働者の現状を把握する

職場における育児支援をめぐる現状
育児休業をめぐるデータ
学習者の問題意識(職場の事例)の共有

2. 仕事と育児の両立支援に関る法律と支援制度 【ゴール】仕事と育児の両立支援に有用な法律を理解する

関連する法律を知る
企業コンプライアンス
男女雇用機会均等法とよくあるQ&A
母性保護法とよくあるQ&A 
育児介護休業法とよくあるQ&A
各法律の運用ポイント

3. 育児中の女性の理解 【ゴール】妊娠から職場復帰後において、育児中の女性を生物・心理・社会的に理解する

妊娠期の女性の心と体
周囲に求める理解とサポート
育休中の母親としての生活と心理の変化の理解
ワーク:キャリアの棚卸しと復帰後のキャリアビジョン

4. ラインケアにおける対応 【ゴール】ラインにおける具体的な生産性維持のマネジメントを学ぶ

職場における妊娠期の女性への配慮
マタニティ・ハラスメントの境界線
育休に向けての職場の準備
育休中のチームマネジメントのポイント
復帰後・育児中の女性の心理と健康の理解
復職後の業務の配慮とコミュニケーション
復職後のモチベーション維持のためのメンタルサポート

5. ケーススタディ 【ゴール】仕事と育児の両立が困難だったケースを通じてモデル学習する

ケーススタディ:仕事と育児の両立が困難だったケース・その問題点
ケーススタディ:両立が成功したケース・その成功要因
ディスカッション:自社の実例をピックアップして検討する

6. 企業プロモーションへの活用 【ゴール】仕事と育児の両立支援を企業プロモーションに活かすヒントを提供する

ダイバーシティの概念
育児支援をダイバーシティで捉えることの価値
「くるみん」「ぷらちなくるみん」取得のメリット
仕事と育児の両立支援に取組む企業から得るプロモーションアイデア

研修金額

明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。

基本料 198,000円 + 消費税
運営費 3,500円(6名までは基本料のみ / 以降1名あたり)
※人数は研修実施の一週間前まで変更可能ですので、現在の想定人数でお申し込みください。

見積りを作成(所要時間10秒)

参加者の必須条件

特になし

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

見積もりを作成する

送信先メールアドレス
研修人数の想定
名 / 実施一週間前まで変更可能
研修時間の想定
時間 / 通常6時間からアレンジ可能
お問い合わせ
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ