0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

障がい者雇用の理解と対応研修【障がい者雇用を進める】

精神障がい者を含めた障がい者雇用を促進・成功させるためのノウハウを学ぶ

本研修では、障がいを持つ社員が、周囲から適切に理解され、その特長や能力を十分に発揮できるような受け入れのノウハウを習得します。
法定雇用率の変更により、障がい者雇用の現場は変化しています。
実際の職場で懸念されることや受け入れによるメリットを丁寧に理解することができる研修です。

研修コード:100113

障がい者雇用の理解と対応研修とは?

障がい者雇用の理解と対応研修とは、障がい者を雇用することで企業がメリットを得られるように、障がい者の正しい理解や職場での受入れノウハウを学ぶ研修です。法定雇用率の変更に伴い、精神障がい者が雇用対象となったことで、障がい者雇用の現場は変化の時期を迎えています。これまで敬遠されてきた精神障がい者を受け入れるにあたっては、職場での理解や適切な対応方法がまだまだ周知されていないのが実情です。精神障がい者を含めた障がいを持つ社員が、周囲から理解され、適切な支援や配慮を受けて、その特長や能力を十分に発揮することで、企業への貢献が可能となります。また、障がい者雇用はダイバーシティの観点から、今後企業戦略にもつながる重要な取組みです。今こそ企業も個人も障がい者に関する正しい知識や対応スキルを身につけ、ダイバーシティの実践の担い手となることが求められています。

本研修の狙い

障がい者の正しい理解や受入れに対して必要な知識や対応スキルを身につけます。失敗しないための障がい者の採用から仕事の切り出し、配属先での対応といった、受入れの環境整備について学びます。特に、精神障がい者の扱いについて詳細に学ぶことができます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

人事、管理職

本研修を実施すると

  1. 障がい者雇用促進法について理解し、障がい者雇用の持つ可能性とリスクがわかります
  2. 身体障がい、内部疾患、知的障がい、精神障がい、それぞれの障がい者との向き合い方、対応方法が身につきます
  3. 働きやすい環境づくりを行ない、障がい者雇用優良事業所となることで、CSRに貢献します。またダイバーシティの企業風土を育てることで、健常の有力な人材獲得にもつながります

研修概要

本研修では、障がい者を雇用することで企業がメリットを得られるように、障がい者の正しい理解や職場での受入れノウハウを身につけます。法定雇用率の変更に伴い、精神障がい者が雇用対象となったことで、障がい者雇用の現場は変化を強いられる一方で、ダイバーシティの推進と相俟って障がい者雇用を企業の経営戦略や成長に活用できる好機を迎えています。障がいを持つ社員が、周囲から理解され、適切な支援や配慮を受けて、その特長や能力を十分に発揮することで、企業への貢献が可能となります。そのために障がい者の採用時のポイントから、採用後のマネジメント、仕事の切り出しや職場での受入れの環境整備など、実用的な方法を学びます。特に、まだ未知の部分も多い精神障がい者の扱いについて、精神障がい者の雇用がもたらすメリットや職場で懸念されること、職場での業務やメンタル面のサポートの実際など、詳細に学ぶことができます。

3つの特徴

現状を理解し、障がい者雇用のメリットや課題を把握する

法改正による法定雇用率をめぐる現状を理解します。障がい者雇用への取組みが企業にもたらす恩恵と、一方で、抱えるリスクについても把握することができます。

障がい種別による特長と、適切な対応方法がわかる

種別による病態や特長を理解し、各々の能力にあった仕事の切り出し、働きやすい職場にするための改善点などを検討することができます。

導入成功ケースから自社における実施のイメージがつかめる

成功事例から、その推進・計画・実践に至るプロセスを学び、自社においての実行のシミュレーションができるようにします。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 法律と障がい者雇用の実情 【ゴール】法律を踏まえた障がい者雇用の実情を把握する
  • 障がい者雇用促進法について
  • 障がい者差別解消法について
  • 障がい者雇用の実情
  • ディスカッション:障がい者雇用の取り組みへの課題の共有
2. 障がい者雇用をめぐる問題や不安の整理 【ゴール】障がい者の雇用にあたっての企業や職場の心配ごとや課題を整理する
  • 障がい者雇用への事業主の責務
  • 障がい者に対する差別とは
  • 合理的配慮の実際問題
  • 障がい者を雇用する際の懸念点の洗い出し
  • 仕事の切り出し
3. 障がいの理解を深める 【ゴール】障がいの種類による状態像の理解と対応
  • 身体障がい者の病態と就労について
  • 知的障がい者の病態と就労について
  • 内部疾患の病態と就労について
  • それぞれへの職場サポート
  • 発達障がいについて
  • 二次障がい
  • 職場での留意点・対応方法(職務面・メンタル面)
4. 障がい者雇用とダイバーシティ 【ゴール】ダイバーシティにおける障がい者雇用の可能性を探る
  • 障がい者雇用とダイバーシティの関係
  • 障がい者雇用導入のいろは
  • 企業が活用できる助成金制度
  • 導入にあたっての協力機関
5. リスクへの対応 【ゴール】リスクヘッジ
  • 障がい者を雇用することのリスク
  • リスク回避方法
  • 職業準備性を高めるトレーニング
  • コミュニケーションのとり方
6. 障がい者雇用のケーススタディ 【ゴール】企業の導入事例から学ぶ
  • ダイバーシティ銘柄企業の成功事例
  • ディスカッション:自社における障がい者雇用のシミュレーション

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ