テーマ別研修

LGBTQ研修【ケーススタディを元に理解を進める】

LGBTQへの理解を深め対応を学び、ダイバーシティ風土を培う

LGBTQ研修では、性的マイノリティを表すLGBTQへの理解を深め、受け入れ体制の整備を後回しにすることなく「誰もが働きやすい職場環境」を作るために必要な意識を学びます。ケーススタディを多く実施することで、様々なケースへの対応を理解していきます。

リスキル研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

すべての研修が料金一律

「もっと研修を」をコンセプトとしたリスキルでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンライン研修無料対応

研修は集合型でも、オンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

LGBTQ研修はオンライン研修に対応しています

研修コード:100117

LGBTQ研修の狙い

LGBTQについての基礎知識を習得し、当事者の内的世界を知った上で、企業として、また個人としての適切な対応を学びます。また、ワークによって職場の課題に対して具体的に検討ができ、LGBTQ人材も働きやすい職場作りに積極的に関与してもらえるようになります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

すべての従業員

LGBTQ研修を実施すると

  1. LGBTQについて理解し、職場で抱える問題の改善に役立てることができます
  2. 具体的な事例を元に、ダイバーシティの風土を培う方向性が見えてきます
  3. 社内共有の場を設けて、職場内の理解者を増やすことができます

研修概要

本研修は、LGBTQへの理解を深め、多様性を受け入れる土壌を作ります。LGBTQは性的マイノリティを表す総称です。決して珍しい存在ではないのですが、多くの当事者が差別を恐れてカミングアウトできず、苦しい思いを抱えています。その結果、仕事に意欲的に取り組めず、生産性にも影響しているという実態があります。

研修内では、誰もが働きやすい職場環境を実現することで生産性の向上と、貴重な人材の確保・維持を目的として、正しくLGBTQを理解することから始めます。

職場での「課題への気づき」「間違った差別的な言動」「受け入れ態勢のノウハウ」などにも理解を深め、多様性を受け入れる組織作りへのヒントを得ることができます。

3つの特徴

1. LGBTQ・性的マイノリティについて正しい知識を身につける

言葉の意味の正しい理解と、統計データや意識調査をもとにした職場におけるLGBTQの問題や課題を知ることができます。

2. LGBTQの問題に向けた実際の取り組みを紹介

さまざまな企業や行政のLGBTQへの取り組みについて理解を深め、ダイバーシティ推進の観点からも、企業の社会的価値を高めるきっかけを作ります。

3. ケースを通じて課題解決の具体的な対策を考える

さまざまなケースを想定し、「自分ならどう接するか?職場としてどのような対策をとることができるか?」をグループでディスカッションし、望ましい対応を共有します。

想定研修時間

3時間 (変更が可能です)

LGBTQ研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. LGBTQの基礎理解 【ゴール】LGBTQの基本知識を理解する
  • 【オープニングワーク】職場で起こりそうな課題を議論する
  • LGBTQとは [性別は一つの軸で捉えられない/LGBTQ+]
2. 当事者の悩みを知る 【ゴール】セクシャルマイノリティの状況を理解する
  • 【ワーク】当事者はどのような悩みを持っているか
  • セクシャルマイノリティは「いないこと」とされる
  • 差別的発言を受ける(直接的・間接的)
  • 自殺含有率が髙い [自己のセクシャルマイノリティを肯定しづらい状況]
  • 誰にも相談できない
3. 適切な対応方法を身に付ける 【ゴール】セクシャルマイノリティの方について適切な考え方や相談の受け方を理解する
  • LGBTQに該当する者がいないという思い込みをなくす [隠している可能性もある]
  • 差別的発言をしない
  • 決めつけず、一人ひとりと向き合う
  • 広めない・アウティングしない・カミングアウトの強制はしない
  • 適切な相談の受け方 [相談を受ける場に配慮する/座り方/守秘義務の確認/傾聴]
  • 積極的傾聴で用いられるスキル [質問を上手に受ける/ペーシング/バックトラッキング]
  • 【ワーク】傾聴の実践
4. ケーススタディ 【ゴール】事例を通じてLGBTへの理解を深め、対応を検討する
  • ディスカッションを行い対応を考える
  • 【ケーススタディ】手続きに関わる男女の表記
  • 【ケーススタディ】施設利用やイベントに関する配慮

研修参加者からの声

労働組合様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

LGBTQ研修 参加者の声

  • LGBTQに関する知識のほか、普段のコミュニケーションでも役に立つ内容を聞くことができた
  • LGBTQについて考えるきっかけになりました。ありがとうございます。誰もが生き生きと過ごせる環境づくりが大切だと思いました。
  • LGBTの認知度・理解度などニュースで見たりしますが、正確な中身については理解しておりませんでした。年代によっても理解する形は変わると思いますし、自分達が何を求められているのか…当事者への悩みをしっかり理解して決して同じ人間はいない、自分のもつ意志が当たり前ではなく、社会全体で向き合っていくべきなのだと、改めて再認識致しました。

専門学校様

内容: 満足・良かった

97.1 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

LGBTQ研修 参加者の声

  • 学生にも少なからず当事者がいるので、対応をどうしたらいいかを考えることができてよかったです。また、知識や現状も知ることができました。
  • デリケートな問題でいままで踏み込みにくかった内容をわかりやすく教えて頂き今後の学生対応の道が見えました。
  • LGBTについて聞きたくても知識をお持ちの方になかなかお会いできないので、今回は非常に有意義な時間でした。
  • 最近、ニュースやメディアで聞くことが増えた為、知っているような感覚になっていましたが、浅はかだったと改めて感じました。正直、全てを理解することは難しいしですが、今後このような学生から相談を受けた際には、話して良かったと思ってもらい傷付けずに対応できたらいいなと心から思いました。思い込みやあたりまえということに関しても、全ての物事を捉える感覚を1度見直したいなとも感じました。個人的には男女という性別での感性だけでなく、人として全ての方に接していけるような人間になりたいと思います。本日はとても為になるお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

研修金額

料金一律の明瞭価格で一社研修を実施することができます。想定研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

  • 後からの人数変更も無料で対応しています
  • 研修のアレンジにも追加料金はかかりません
  • オンライン研修でも追加料金無し。急遽変更でも料金変わらず対応可能です

参加者の必須条件

特になし

研修提供地域

日本全国(沖縄県を除く)およびオンラインで研修を提供中
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県

よくあるご質問

LGBTQ研修はこちらから10秒で見積りを作成することが出来ます。
行っております。LGBTQ研修ではお客様のご要望や理解度に合わせ、明日から使える研修を実施することを目的としています。
LGBTQ研修はオンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、ご要望に合わせて研修が実施できます。

よくあるご質問の一覧>
オンラインLGBTQ研修 詳細>

リスキルの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)