0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

ダイバーシティ基礎研修【組織を活性化する】

ダイバーシティの基礎知識を深め、働き方改革で組織を活性化する

本研修では、多様な人材が、それぞれの個性を活かして働くことができるような職場環境を整備するためのダイバーシティ推進を学習します。
採用、育成の段階から、属性別のコミュニケーション方法や懸念事項への対応を知っておくことで、グローバル経済化や高齢化社会による従業員の多様化に適応し、生産性を向上させるとができます。

研修コード:100112

ダイバーシティ基礎研修とは?

ダイバーシティ研修とは、多様な人材の属性や価値観を理解し受け入れることで、働き手の確保や貴重な才能をイノベーションや生産性の向上、CSRに反映し、経営戦略に活用するための研修です。国内市場の縮小やグロ―バル経済化が進んでいく中、市場での競争はますます激化し、生き残るために組織は常に前進していかなければなりません。さらに日本では少子化の影響もあり、働き手の確保も社会問題に発展しています。
これらの課題への施策のひとつと考えられているのが“ダイバーシティ”です。多様な価値観から生まれるイノベーションや人手不足を補う多様な人材である女性やシニア、障害者、外国人、LGBT(性的マイノリティ)の活用のみならず、派遣やパート社員など、労働形態の異なる人々が働きやすい環境を整えることで、企業の可能性は広がっていきます。そのためには、まずそれぞれの属性や課題をしっかり理解し、環境整備、またコミュニケーションの取り方などを学習する必要があります。

本研修の狙い

研修を通じてダイバーシティの基礎知識を習得して、価値観の異なる多様な人材がわかり合える組織作りを構築します。互いの違いを認めることからコミュニケーション・サイクル理論を理解して各々がダイバーシティ・マネジメントに取り組み、業績を最大限伸ばすことを狙いとします。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

すべての従業員

本研修を実施すると

  1. ダイバーシティの基礎知識と多様な人材の特長について理解できるようになります
  2. 経営戦略としてのダイバーシティの導入・計画から実施、業務改善といった推進方法まで習得します
  3. 働き方改革の検討方法、コミュニケーション力の向上、多様性の理解による役割認識を確認できるようになります

研修概要

本研修では、さまざまな人材の属性をしっかりと理解していき、採用から育成、活用を含めて、多様な人材を経営戦略に活かすノウハウを学んでいきます。さらに、多様な人材を登用する際には、属性によるコミュニケーションスタイルの違いからくる困難への対応などが課題となってきます。そのような困難への対応方法を身につけたり、人事制度の見直しを行うことで、すべての従業員にとって働きやすい環境が整っていき、お互いを尊重する文化の土壌が育まれていきます。

グローバル経済化や高齢化社会による労働力の確保という意味でも、多様な人材の活用は喫緊の課題です。

本研修で、ダイバーシティ推進の導入から実践までを学び、同時に、「インクルージョン(包括)」という考え方の啓蒙を通じて、全従業員のモチベーションをリアルにイメージすることができます。

3つの特徴

基礎知識を含め推進のメリットを理解することで動機づけをする

ダイバーシティとインクルージョン、人材別の多様性を理解することで、今後の多様性の活用への取り組みが価値があることを理解し、動機づけされます。

ダイバーシティの導入から実施までの実践力がつく

ダイバーシティの導入に必要な準備と計画、働きやすい環境づくりまでを含めた実践のノウハウが身につきます

事例から、自社での具体的な導入がイメージできる

多くの事例を使って、ディスカッションや経験の共有を行い、自社では何を目標にどのような取組みをどこから始めたらいいのか、何が課題なのかなどを検討します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. ダイバーシティとは 【ゴール】ダイバーシティの基礎を理解する
  • ダイバーシティとは
  • ダイバーシティの誕生と性格
  • ダイバーシティとインクルージョン
  • 働き方のダイバーシティ
  • 経営戦略としてのダイバーシティ
2. 属性について 【ゴール】それぞれの属性について理解する
  • ダイバーシティの属性
  • 女性
  • シニア
  • 障害者
  • 外国人
  • LGBT(性的マイノリティ)
3. 多様性を踏まえた従業員の働き方 【ゴール】それぞれの属性が抱える課題を理解し、対応を検討する
  • 働き方のダイバーシティ
  • 属性による当事者たちの悩み
  • 属性による周囲や職場の課題
  • インクルージョンという考え方
4. 経営戦略としてのダイバーシティ 【ゴール】ダイバーシティの推進の価値と方法を知る
  • 経営戦略としてのダイバーシティの効果
  • 多様性の価値を知る
  • 労働力の確保
  • イノベーションに活用
  • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
5. ケーススタディ 【ゴール】取り組み事例から推進の取り組み方を学ぶ
  • 経済産業省の取り組み
  • ケーススタディ:企業の取り組み事例のいろいろ
  • ディスカッション:成功の要因を分析する
6. ダイバーシティの導入 【ゴール】自社で導入・推進方法を検討する
  • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
  • ディスカッション:自社における計画から実施のシミュレーション

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ