テーマ別研修

障がい者活躍推進研修 【障がい者の正しい理解や受入れを行う】

障がい者の方に対する正しい理解をした上で、一緒に働くための受け入れ態勢を整えていく方法を身につける研修です。

障がい者の正しい理解をし、受け入れ態勢を整える

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 障がい者の方への正しい理解を深め、会社での業務に生かしたい方
  • 主に人事、管理職など人員の雇用に携わる方
  • さまざまな障がい者の方の雇用にあたり、その向き合い方について改めて確認したい方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 障がい者の方への正しい知識を会社として身につける機会がなく、どうしたらいいのか分からない
  • 障がい者の方の雇用に関する新たな法律などに関して、正確な知識を身につけて実務に生かしたい
  • 人事関係の業務に携わる社員だけでなく、会社全体として障がい者の方とのあり方について学びたい
  • 具体的な事例を交え、現場で実際に使える知識を身につけたい

障がい者活躍推進研修の概要

障がい者活躍推進研修とは、障がい者の正しい理解や受入れに対して必要な知識や対応スキルを身につけるための研修です。

障がい者の採用や、その受入れの環境整備などについて学ぶことで障がい者雇用そのものを企業の経営戦略や成長に結びつけることを目的としています。

障がい者活躍推進研修イメージ

障がいをお持ちの方を雇用する際の準備

障がい者雇用が社会全体で推進されており、法律等も整備されています。障がいをお持ちの方と既存のメンバーがどちらも心地よい環境で働けるためには、お互いに理解し合うことが必要です。

障がいをお持ちの方に関する理解

それぞれの障がいの病態と就労について学び、どのようなサポートが必要かを理解しておくことです。コミュニケーションのとり方やどんな仕事を任せるかについても職場の共通認識が生成されているとスムーズでしょう。

既存のメンバー向け

障がいをお持ちの方を雇用するにあたって、職場のメンバーが心配を感じていることや既存のシステム内の懸念点を洗い出し、対策をすることです。さらに、雇用が始まった後も、心配事や課題が出てきた時には、こちらの対応も必須となります。

障がい者活躍推進研修イメージ②

リスキル障がい者活躍推進研修の特徴

リスキルの障がい者活躍推進研修には次のような特徴があります。

様々な状況に対応

種別による病態や特長を理解し、各々の能力にあった仕事の切り出し、働きやすい職場にするための改善点などについて学び、自ら検討が出来るようになります。

研修内容が即座に応用可能

成功事例から、その推進・計画・実践に至るプロセスを学ぶことで、自社においての実践のシミュレーションができるようにします。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

障がい者活躍推進研修のラインナップ

障がい者活躍推進研修

障がい者の方に対する正しい理解をした上で、一緒に働くための受け入れ態勢を整えていく方法を身につける研修です。

研修タイトル想定研修時間
障がい者活躍推進研修 一社研修 障がい者雇用の理解と対応研修【障がい者雇用を進める】 5時間 (変更可)
障がい者活躍推進研修 一社研修 発達障がいの理解と対応研修【短時間集中】 3時間 (変更可)
障がい者活躍推進研修 一社研修 障がい者向け ビジネス基礎研修【時間をかけてしっかりと理解する】 6時間 (変更可)
障がい者活躍推進研修 一社研修 障がいのある方と働くための研修【正しい理解と対応を学ぶ】 3時間 (変更可)

アンコンシャスバイアス研修

自分では中々気づきにくい偏見などのバイアスパターンを理解することで、バイアスが発生してもすぐに気がついて対応できるようにするための研修です。

研修タイトル想定研修時間
アンコンシャスバイアス研修 一社研修 アンコンシャス・バイアス研修【無意識の偏見に気づく】 3時間 (変更可)

多様性研修

様々な価値観を受け入れるという意識を持ち、多様な人物が活躍できる組織づくりを行うための研修です。

研修タイトル想定研修時間
多様性研修 一社研修 ダイバーシティ&インクルージョン研修【組織を活性化する】 6時間 (変更可)

Excel(エクセル)研修

エクセルの基本的な使い方を覚え、データの整理や資料作成など業務に活かすための研修です。

研修タイトル想定研修時間
Excel(エクセル)研修 一社研修 Excel研修 基本編【基本を身につける短期集中研修】 6時間 (変更可)
Excel(エクセル)研修 一社研修 Excel研修 応用編【関数からピボットテーブルまで】 6時間 (変更可)

ワード研修

Wordの基本操作を理解して、ビジネスシーンで必要な書類の作成などをスムーズに行うための研修です。

研修タイトル想定研修時間
ワード研修 一社研修 Word研修【Wordの基本スキルを身につける】 6時間 (変更可)

パソコンスキル研修

PCの基本知識・基本操作を理解して、ビジネスシーンで必要なスキルを身につけるための研修です。

研修タイトル想定研修時間
パソコンスキル研修 一社研修 パソコンスキル基礎研修【基礎の基礎を短時間で身につける】 6時間 (変更可)
パソコンスキル研修 一社研修 PC作業効率化研修【実用的なテクニックを学ぶ】 3時間 (変更可)

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムは障がい者活躍推進研修に属する障がい者雇用の理解と対応研修【障がい者雇用を進める】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01障害者雇用に関する法律理解

    ゴール

    障害者雇用に関する法律の理解と、障害者雇用の現状を理解する

    • 【オープニングワーク】現状の課題を洗い出す
    • 障害者雇用の現状
    • 障がいの理解からはじめる
    • 障害者基本法
    • 障害者雇用促進法
    • 障害者差別解消法
  2. 02身体・知的・発達障がいへの理解を深める

    ゴール

    障がいの種類による状態像の理解と対応方法を学ぶ

    • 身体障害
    • 視覚障害
    • 聴覚障害・肢体不自由
    • 知的障がい
    • 精神障がい
    • 二次障がい・発達障がい・内部疾患
  3. 03リスクへの対応

    ゴール

    障がいを持つ方が就業した際、リスク発生の可能性と対応方法を理解する

    • 障がい者を雇用することのリスク
    • リスクへの考え方
    • 雇用前・雇用後のポイント
    • 職業準備性
    • (参考)障がい者が働き続けるための支援機関
  4. LASTケースワーク

    ゴール

    自社での障害者雇用に関する対応をシミュレーションする

    • 自社シミュレーション
    • 自身の部署・チームに障がいを持った方が配属になる
    • 【ワーク】配慮しなければならないことを考える(環境・ルール面・コミュニケーション面
    • 【ワーク】仕事の切り出し方を考える
    • (参考)障害者雇用に関わる制度について
    • (参考)助成金について

障がい者活躍推進研修参加者(受講者)の声

就労支援企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 分かりやすくまとめられていてとても良かったです。
  • 今は障害者雇用の支援の仕事をしているので理解できることも多く、とても参考になりました。
  • 日々の支援の中で、わからないことや、戸惑うことが多くあったので、とても参考になりました。人と人との関わりが大切なのだということを、改めて感じました。

よくあるご質問

どんな業界の企業で利用されている研修ですか?

様々な業界・業種の企業様にご利用いただいております。
研修内容全てを貴社専用にすることは難しいですが、ワークを中心に同業種の事例を用いたりして対応しております。一度ご相談ください。

障がい者向けの研修はありますか?

リスキルでは、障がいをお持ちの方向けのビジネス基礎研修をご用意しております。
採用後、実際に勤務について頂く前の入職者研修としてご利用していただくことで、障がいをお持ちの方が組織に属するということについて学び、ともに働く皆様と良好な関係を築けるよう、研修で支援をいたします。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの障がい者活躍推進研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに職場で実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たとご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)