テーマ別研修

本研修の対象
中堅社員 管理職

  • 人事評価を行う立場のリーダー・マネージャー・管理職の方
  • 評価者として、評価を行う上で正しい手順を踏めているかなどの問題を抱えている方
  • 自己流で甘い評価をしてしまっているのではないか、などの問題意識を持たれている方

よくあるお悩みや課題

  • 管理部門など非営業部門の目標設定が難しく、具体的な方法論を知りたい
  • 現状の目標設定が適切ではなく、正しい方法を身につけさせたい
  • 評価の結果や評価に伴う面談を部下育成の機会として活かしてほしい
  • 社内の評価者に当たる立場の人に、納得感ある評価の伝え方を学んでほしい

考課者研修の概要

考課者研修とは、人事評価における評価の根拠や評価項目の選択、その尺度、そして育成・指導にポイントについて学ぶ研修です。

公平な人事考課による「納得の行く評価」を実現することが目的となっています。

評価者研修とも呼ばれます。

考課者研修を行うメリット

管理職になり、人の評価をする立場になったからといって、すぐに適切に評価ができるようになるとは限りません。研修として学んで頂くことで、評価する側、される側の両者が成長する機会になります。

評価を人材育成に活かすことができる

管理職の職務として、人材の育成があります。それぞれに担当をつけて行うこともありますが、評価をする立場からも育成を行うことができます。

適切な評価をし、もっと活躍できるための助言ができれば、被評価者も納得でき、その後の成長が期待できます。

チームとしての目標を達成に導く

管理職には、チームや組織としての目標もあります。これは、管理職一人では達成することができず、チームメンバー、また、被評価者でもある、一人ひとりの働きが大きく関わります。

評価を通じて、メンバーに働きかけることで、自身の目標の達成に結びつけることが可能です。

 考課者研修イメージ

リカレント考課者研修の特徴

リカレントの考課者研修には次のような特徴があります。

状況別の研修メニュー

考課者として押さえるべき基礎的な事項について学習する基礎編に始まり、評価制度を改めて学ぶ制度理解編、目標管理編や面談力の強化など、必要とされるスキルを伸ばすためのカリキュラムが一通り用意されています。

ゴールを明確に

正当な評価というものは被評価者にとってはやる気、モチベーションに直結します。高いモチベーションを持って業務を行うことがチーム、あるいは企業全体の成果として表れていきます。

考課者研修のラインナップ

評価者研修

個々人のやりがい、組織の成長を目指し、目標設定から成果の評価、その過程など正しい評価方法を理解する研修です。

人事制度研修

人事制度で必要な人事マネジメントの考え方や、報酬・等級・評価制度のしくみと構築・運用の実務ポイントについて理解していくための研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。

研修カリキュラムの一例

考課者研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。評価者目標管理研修【適切な目標設定を】詳細ページはこちら。

1. 目標管理の基本概念 【ゴール】目標管理の基本を理解し、全体像を把握する
  • 目標による管理とは
  • 目標管理のメリットとデメリット
  • デメリットへの対応策
  • 組織方針・目標について
  • 個人目標の考え方
  • チーム目標の考え方
  • 役割や職務の割り振りについて
  • ワーク:「目標管理シート」の活用方法
2. 目標設定について 【ゴール】自社に適した目標設定を考える
  • 企業の目標設定・各部門から部署と細分化していくときの考え方
  • 成果のための行動目標
  • 成長のための目標設定
  • 各視点での考え方(経営的視点・現場的視点・人材育成的視点)
  • 管理職目標とマネジメント目標
  • ワーク:目標設定の具体例を見てみよう
  •     売り上げ・利益からみる評価
  •     提供する製品・商品・サービスから見る評価
  •     組織力を高めることに関する評価
3. 運用方法 【ゴール】運用方法の理解と目標を達成に導くための方法を学ぶ
  • 運用方法について
  • 目標を達成に導くためのポイント
  • 部下の目標設定への指導方法
  • 目標の進捗確認について
  • 目標の軌道修正・対策について
  • 目標達成に導く支援方法(個別支援と組織支援)
  • 中間面談の進め方
4. 評価について 【ゴール】評価するための考え方とフィードバックの方法を習得する
  • 評価について
  • 評価方法の設定
  • 評価期間について
  • 目標の妥当性についての考え方、判断材料
  • 職務行動実態の把握
  • 対象者の事項評価との向き合い方について
  • 評価のフィードバックの仕方
5. 面談の演習 【ゴール】中間面談と評価フィードバック面談の実践力を養う
  • ワーク:中間面談の演習
  • ワーク:評価フィードバックの演習
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

面談力をつけることができる研修はありますか?

はい、ございます。
評価をするためには、面談中の話し方や聴き方で被評価者との関係性が変わってくるため、スキル(特に傾聴力)を身につけることが求められます。また、面談の目的に応じて、必要な準備や注意する点を講義しています。現在の課題感を聞かせていただき、最適な研修をご提案いたします。

短時間の研修も可能でしょうか?

はい、可能です。
丸一日お時間が取れない場合でも、半日以下で研修を行うことができます。皆様が一気に集まることが難しい場合は、午前と午後に参加者を分け、半日のプログラムを1日2回行うこともできます。

豊富な研修実績

リカレントの考課者研修は、繰り返し様々な企業様に実施いただいています。

考課者へのトレーニングを自社内のみで研修を実施することは容易ではありません。体系立ったカリキュラムで結果が即時出るようになるため、考課者への指導を課題としていらっしゃった企業の方からの喜びの声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り