0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

管理職向け チームビルディング研修【成果を上げるチームを作る】

チームワークではなく、チームビルディングの方法論を管理職の立場で考える

本研修では、成果を上げるチーム作りの方法論を習得していきます。

管理職として、良いチーム作りは必須のテーマですが、具体的にどうしたら良いのかわからず、自己流になってしまいがちです。その結果、業績が伸び悩み、離職者を出してしまう問題もあります。

正しいチーム作りを理解し、生産性向上や離職率の低下へとつながるスキルを身に着けていきます。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE配信無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE配信でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100304

管理職向けチームビルディング研修とは?

管理職向け チームビルディング研修とは、管理職が「成果を上げるチーム」を作るための方法論を知ることを目的とした研修です。
生産性向上の必要性が叫ばれる現代、効率よく成果を上げるチームづくりが非常に重要です。しかし、自己流の人材育成や抽象的なビジョンでは、思うように業績には結びつきにくく、社員の離職率にも多大な影響を与えます。本研修では、スタンダードな考え方や基本を中心に扱い、チームビルディングのために明日から実行できるノウハウが習得できます。

本研修の狙い

確実に成果を上げるチーム作りのノウハウを習得することで、会社の生産性向上につながります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

管理職、マネージャー

本研修を実施すると

  1. ”チームワーク”ではなく、”チームビルディング”の必要性を理解できます
  2. 目標達成に向けて効率的に動けるチームを作ることができます
  3. チームや部下への正しい指導方法を身につけることで、離職率の抑制にもつながります

研修概要

本研修は、管理職が「成果を上げるチーム」を作るためのスキルと方法論を身につけることを目的としています。
まずは「チームワーク」と「チームビルディング」の違いを知り、「チームビルディング」そのものの概念を理解します。その上で、チームビルディングにおける管理職の立場に期待されることを理解し、自身の考え方や人材育成の方法を見つめ直します。
また、チーム全体の目標設定や価値観の共有についての必要性を知ることで、働きやすく、かつ成果を上げられる強いチームづくりのノウハウが身につきます。

3つの特徴

チームビルディングにおける、管理職としての役割を理解できる

個人としてではなく、チームとしての成果を上げるためのポイントを確認します。

部下一人ひとりに合った人材育成の方法論を習得できる

全員に同じ教え方をするのではなく、一人ひとりの価値観や成長段階に応じた指導をすることが人材育成の鉄則です。

具体的で確かな目標設定をすることで、成果を上げるチームをつくることができる

より具体的な目標設定と、全員が同じ価値観を共有することで、チームの生産性向上につながります。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. グループとチーム 【ゴール】グループとチームの違いを知り、チームを作る価値を理解する
  • 【ワーク】グループとチームの違い [グループとチームの違いを考えて、話し合う]
  • チームとは何か [チームとグループの違いを知る]
  • チームワークとチームビルディング [チームビルディングの概念を理解する]
  • 管理職の役割 [3つの役割]
  • 管理職に求められるもの [3つのスキル]
  • 【ワーク】自己認識 [自身のスキルを確認する]
2. 人材育成の方法論 【ゴール】部下の成長を促す指導を理解する
  • 「教える」とは何か [教える技術はセンスではなく、知識とスキル]
  • 【ワーク】なぜ行動に目を向けるべきなのか
  • 行動に目を向けるということ [良い行動を引き出し、悪い行動を抑制する]
  • 上司の役割 [部下に合わせた指導が必要]
  • 育成の基本的な方法論 [結果だけでなく、行動を評価する]
  • 【ワーク】不足行動・過剰行動への対応
  • 育成指導のためのノウハウ [MORSによる指示指導]
  • 【ワーク】MORSでの指示作成
  • 部下の成長段階に合わせた指導 [ステージごとのポイント]
  • 成長段階に合った部下の役割と育成 [それぞれの指導法を考えてみる]
  • 【ワーク】段階を作る [それぞれの段階に期待する行動を考える]
  • 【ワーク】あなたの部下は今どの段階にいるか [身近な部下をそれぞれの段階に当てはめ、その部下に期待する行動を伝えられているか振り返る]
3. 部下育成のためのコミュニケーション 【ゴール】部下育成のためのコミュニケーションの基礎を再確認する
  • 部下の立場に立った指導(価値観理解)[部下が持つ価値観を知る]
  • 褒め方 [3つの承認とそれに対する褒め言葉]
  • 【ワーク】それぞれの承認に対する褒め言葉を考える
  • 叱り方 [行動に注目する]
  • 【ケーススタディ】中途社員、年上の部下の事例 [ケースごとの対応方法を考える]
  • 【ワーク】指示・指導実践 [ケースを取り上げ、ロールプレイを行う]
4. チームの目的 【ゴール】チームの目的を真剣に考え、チームを導く
  • 【ワーク】自らのチームの状況確認 [目的はなにか、チームとして共有されているか]
  • 目的の必要性 [目的があることでチームが成立する]
  • 目的(ミッション・ビジョン・ゴール)の設定方法 [何を達成すべき集団かを考える]
  • 【ワーク】チームの目的はなにか、なぜその目的なのか
  • SMARTによる目標設定 [具体的な目標を設定する]
  • 【ワーク】チームの目的をSMARTに変換する
  • 価値観の共有 [目標を達成するために必要な考え方]
  • 【ワーク】浸透させたい価値観とその有用性 
5. 成果を出すチームに必要な環境づくり 【ゴール】優秀なチームを作るための土台がわかる
  • 成果を出す優秀なチームの共通点 [チームへの信頼感が必要]
  • 【ワーク】マシュマロ・チャレンジへの考察
  • 優秀なチームの共通点 [調査結果をもとに考える]
  • 安全な環境をつくる [心理的安全性が重要]
  • 【ワーク】安全な環境を構築するためにリーダーがすべきことは何か
  • 安全な環境を作るには [自分を出していい安心できる環境づくり]
  • 帰属意識を持ってもらうために [3つの意思表示]
6. 成果をあげるためのチームリーダーの役割 【ゴール】チームとして成果をあげるために必要なリーダーとしての役割を理解する
  • 貢献へのコミットメント [やりたいことと貢献は異なる]
  • 【ワーク】チームになすべき貢献はなにか考える
  • 人の強みを活かす [強みに焦点を当てて成果を上げる]
  • 【ワーク】チームメンバーの強みは何か
  • ハーマンモデル [人を4つのタイプにわけて考える]
  • 弱みの共有により協力関係を築く [リーダーが弱みを共有することも必要]
  • 【ワーク】実行計画作成、共有 [できなかったこと、明日から実行することを共有]

研修参加者からの声

交通系企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

管理職向けチームビルディング研修 参加者の声

  • 様々な視点や考え方を知り、今の自分がどうなのか見つめ直すことができた
  • すぐに実践可能な研修であるので良いと思う
  • とても満足した研修だった。自分の足りないところがよく分かった
  • チームビルディングの大切さを実感できた

インフラ系企業様

内容: 満足・良かった

94.1 %

講師: 満足・良かった

94.1 %

管理職向けチームビルディング研修 参加者の声

  • 実態と照らし合わせたワークで、考える時間もあった
  • 研修内容が網羅されていてよかった
  • 部下の教育が苦手ですが今回の内容を参考にしたい
  • 自分が目指していたことについても改めて勉強できた

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ