テーマ別研修

【部下の自己成長に繋げる】 被評価者研修

被評価者研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

被評価者研修では、評価の正しい受け方を学びます。

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 評価を受ける一般社員の方
  • 新入社員~中堅社員、シニア層まで自身が評価を受ける側の立場の方
  • 人事評価制度について理解を深めたい方

被評価者研修のラインナップ

被評価者研修

被評価者研修とは、人事評価を受ける側の部下向けに、正しい評価や評価面談の受け方を学ぶ研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 評価制度について、部下が自分ごととして捉えていない
  • 部下の目標設定が曖昧で、振り返りやフィードバックが難しいと感じている
  • 目標の設定・達成の過程・成果の評価に関して、部下の意識を高めたい

被評価者研修の概要

被評価者研修とは、人事評価を受ける側の部下向けに、正しい評価や評価面談の受け方を学ぶ研修です。

人事評価制度は評価する管理職側だけではなく、評価を受ける側にも押さえるべきポイントや心構えが必要なことを理解してもらい、自己成長のために積極的に評価に対して取り組んでもらう必要があります。

被評価者に必要な要素は以下の通りです。

被評価者に求められる要素

人事評価制度理解

上司任せではなく、自己成長につながる重要な取り組みとして改めて制度全体を理解してもらい、マインドセットを行います。評価を受ける側としての心構えや積極的にかかわることの重要性を確認します。

適切な目標設定

評価のために部下がすべきことは、自身に対する適切な目標設定を行うことです。高すぎず低すぎずかつ定量的な目標を設定するためのポイントを押さえます。

評価面談時の姿勢

評価面談の受け方や前もって行う準備、面談後の行動計画の立て方などを理解することで、面談を受けっぱなしで終わらず次の成長につなげることができます。

リカレント被評価者研修の特徴

リカレントの評価者研修には次のような特徴があります。

被評価者に必要な項目を網羅した研修メニュー

評価者研修に比べ、被評価者にはどのようにアプローチして良いかわからないという企業様も少なくありません。リカレントの批評家研修では、被評価者に求められる要素を網羅しています。

また、ワークを交えて実践的に学ぶことができるため「自己成長に繋げるためにどうすれば良いか」を考えさせることができ、自分ごととして評価について考える機会にもなります。

よくあるご質問

被評価者の年次や階層を分けて受けさせた方が良いですか?

全ての方に受けていただくことができますが、階層を分けることでより一人ひとりに自分ごととして受けていただくことができます。例えば「シニア層」と「新入社員」を同時に受けさせることはできますが、評価への悩みは階層により異なるため、分けた方がより効果が高まります。

自己評価のやり方や目標設定について教えてもらうことはできますか?

はい、可能です。カリキュラム内に自己評価・目標設定について扱う部分があります。ワークを交えて実践的に学ぶことができます。

よくあるご質問の一覧>

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)