0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

中堅社員向け コミュニケーション研修【チームを作る】

上司と部下のつなぎ役となり、円滑なコミュニケーションをとれるチームを作り上げる

本研修では、上司と部下の間で橋渡し役となる中堅社員のために、自然にコミュニケーションが発生するチームを作るためのスキルを身につけていきます。
関係構築や、聴く/伝える技術をワークを交えて身につけることで、業務に円滑に取り組むことができるようになります。

研修コード:100024

中堅社員向け コミュニケーション研修とは?

中堅社員向けコミュニケーション研修とは、上司と部下のつなぎ役となる中堅社員が必要なコミュニケーションを身につける研修です。上司・マネージャー向けのコミュニケーション研修とは違い、「つなぎ役」という点がポイントになります。自身だけではなくチーム全体がコミュニケーションをとれる場を作るスキルを身につける必要があります。

一定期間の社歴や経験を重ね、仕事も一通り経験してきているのが中堅社員です。だからこそ与えられる役割が、リーダーシップとフォロワーシップです。会社理念の理解、それを踏まえた部下への研修や指導、上司のサポート、チームを円滑にするための雰囲気作りなどです。さらにそれらの役割は、自分の担当業務と同時並行での遂行が求められます。

中堅社員向けコミュニケーション研修では、さまざまなコミュニケーションスキルを習得して、上司や部下のつなぎ役となり、チーム全体が円滑に業務を進められるような職場作りの手法を学びます。

本研修の狙い

上司と部下のつなぎ役として、求められている役割を確認し、円滑に業務を実施できるコミュニケーションのとれたチームを作り上げる。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

中堅社員

本研修を実施すると

  1. コミュニケーションスキルの重要性を理解し、ワークを通して習得できるようになります
  2. リーダーシップとは何かを理解し、リーダーがとるべき行動がわかるようになります
  3. 組織に与えるリーダーシップとフォロワーシップの重要性を理解できます

研修概要

本研修では、上司と部下のつなぎ役となる立場の中堅社員が、成果の上がるチームを作るコミュニケーションスキルを身につけます。上司・マネージャー向けの研修では部下へのコミュニケーションが主となりますが、中堅社員研修では上司・部下両方を伴った場作りのコミュニケーションスキルを身につけていきます。

組織やチーム内でのコミュニケーションが希薄になると、業務に支障をきたします。自然にコミュニケーションが発生する場を作ることが中堅社員の役割の一つです。

関係構築、聴くスキル、伝えるスキルと、段階的に、ワークを通して習得します。その後、組織やチームの方針を具体的な行動計画に落とし込み、チーム全員が円滑に業務を実施できる環境を作り上げるための知識を学びます。

3つの特徴

コミュニケーションスキルの重要性を理解し、習得できる

上司や部下との意思疎通や親近感を深めていくために、声・表情・動作や、関係構築・聴くスキル・伝えるスキルなどの重要性を理解して、ワークを通して習得します。

リーダーシップの本質や、リーダーとしてとるべき行動がわかる

リーダーに求められる役割や能力を理解して、周囲を引っ張るリーダーとしてのとるべき行動がわかります。また、組織や部下をまとめる管理能力がわかります。

フォロワーシップを本質的に理解し、その効果がわかる

フォロワーに求められる役割や能力を理解します。また、リーダーと対等に行動することにより、組織全体が自発的に行動を起こし、リーダーとの相乗効果を起こします。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. コミュニケーションとその重要性 【ゴール】コミュニケーションとはどういうものかを確認し、その重要性を理解する
  • 中堅社員に求められる役割 [上司・仕事・チームに対する役割]
  • コミュニケーションの重要性 [仕事を進める、人間関係の構築、モチベーションの向上などのため]
  • ミスコミュニケーションとディスコミュニケーション [意思疎通ができていない状態]
  • コミュニケーションの基本姿勢 [お客様とのコミュニケーション、社内でのコミュニケーション]
  • コミュニケーションとストレス [コミュニケーションの不具合によるストレスの増加]
2. 関係構築力 【ゴール】信頼関係を構築するコミュニケーション方法を理解する
  • 関係構築の重要性 [コミュニケーションと関係構築、コミュニケーションの柱]
  • 基礎的な関係構築のために [あいさつ、日常会話、雑談力]
  • 【ワーク】挨拶についてのケーススタディ
  • 【ワーク】雑談をしてみましょう
  • ノンバーバルコミュニケーション [声・表情・動作]
  • 【ワーク】ノンバーバルコミュニケーションチェック
  • ペーシング [相手に合わせること]
  • リフレクション [相手の表現を反射する]
3. 聴くスキル・伝えるスキル 【ゴール】聴くスキル・本質を共有するための伝えるスキルを習得する
  • ビジネスにおける聴き方 [話を聴く場面での聴き方のポイント]
  • 信頼関係を育てる傾聴 [需要と共感、アクティブリスニング]
  • 【ワーク】積極的傾聴の確認
  • 【ワーク】否定せずに共感的に聴く
  • 【ワーク】相手の思いを引き出す
  • 伝える際の需要ポイント [相手目線が鉄則]
  • 論理性 [飛躍しないようにする]
  • 分かりやすく伝えるPREP法 [結論、理由、具体例、結論]
  • 【ワーク】PREP法を使って伝える
4. フォロワーシップ 【ゴール】目的や方針などを共有し、現場の声をボトムアップするスキルを理解する
  • フォロワーとしての役割 [中堅社員はフォロワーになる必要がある]
  • フォロワーに期待される2つの力 [貢献力と批判力]
  • 【ワーク】自分の立ち位置の確認
  • セルフ・アセスメント [中堅メンバーとしての自分を分析し、共有する]
  • フォロワーシップとリーダーシップ [自身のフォロワーシップを高めれば、上司のリーダーシップも高まる]
  • 組織やチームの方針の具体的落とし込み [リーダーのビジョンを現場に落とし込む]
5. リーダーシップ 【ゴール】チームとメンバーを牽引し、自発的・能動的に行動するスキルを理解する
  • リーダーシップの理解 [リーダーシップは資質ではない]
  • リーダーシップのなすべき「行動」とは [方向性を示す、チームをまとめる、コミュニケーションによりエンパワメントを進める]
  • 目的を掲げ方向性を示す [目的が重要な理由]
  • 【ワーク】目的設定のための質問
  • 【ワーク】現場をまとめ上司に共有する
6. チームビルディング 【ゴール】目的やビジョンを共有し、個々が自動的に動くチームを作る
  • グループとチームの違い [チームとは]
  • チームワークとチームビルディング [目標達成にむかう]
  • 【ワーク】チームワークとチームビルディングの違い
  • 成果を出す優秀なチームの共通点 [優秀なチームとは]
  • 【ワーク】マシュマロ・チャレンジの実験
  • 安全な環境の重要性 [心理的安全の重要性]
  • 【ワーク】安全な環境を構築するために [中堅社員がすべきことを考える]
  • 弱さの共有 [助け合える環境づくり、ポジティブ思考]
  • 帰属意識を持ってもらうために [帰属意識のための3つの意思表示]
  • 目標設定の必要性 [期待される効果]
  • 目標設定の具体的な方法 [SMARTの原則]
  • 目標達成をサポートするためのメンバーとの関わり [メンバーを褒める、コミュニケーションで支える]
  • 【ワーク】褒め言葉を考える

研修参加者からの声

不動産管理会社様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • チーム内での話し合い、ロープレがあり、自分の弱点を知れたことがよかったです
  • コミュニケーションを取りながらお互いの気持が確認できたので、今後のコミュニケーションの取り方に活かしたいと思います
  • コミュニケーションについて基準が曖昧だったが、心理学的観点も入れて論理的に説明していただき、今後のお客様への対応のパターン化、明確化ができるようになった。
  • コミュニケーションについて、自分では意識していないことも教えてくれたので、大変参考になりました。

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

中堅社員向け

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ