0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

新入社員向け ホウレンソウ研修【実践力重視】

なぜ「ホウレンソウ」が重要なのかを深く理解し、適切な伝え方を実践できるようにする

本研修では、新入社員に「ホウレンソウ」の必要性を理解し、その実践方法を習得してもらいます。まずは「なぜホウレンソウは重要なのか」ということを腹落ちして理解するところから学習をスタートし、実際に起こりうるケースへの対処法を自力で考えていきます。ワークで報告書の作成や情報の要約等も行うため、知識の定着も図れる研修です。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE配信無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE配信でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100005

新入社員向け ホウレンソウ研修とは?

新入社員向けホウレンソウ研修とは、ビジネスの基本となる「報告」「連絡」「相談」がなぜ大切なのかを強く理解してもらい、適切な伝達スキルを身につけてもらうための研修です。

業務上発生する過失の9割は、共有が漏れたことによる伝達ミスから生じていると言われています。そのようなミス・トラブルを未然に防ぐためには、初めて社会人として実務に当たる前に、ホウレンソウの必要性を理解しなければなりません。

また、ビジネス上の情報伝達は、多忙な相手とやりとりする場面が非常に多くなります。そのため、受け手の状況をよく確かめて伝え方を工夫するスキルも必須となります。

本研修の狙い

「ホウレンソウ」がなぜ大切なのかという理解を徹底し、ビジネス上の情報伝達に対する意識を高めます。また、必要情報を整理した簡潔な説明ができるようになることで、新人・その上長・所属チームを含めた業務効率の向上が図れます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

新入社員

本研修を実施すると

  1. 「ホウレンソウ」の重要さを理解し、意識しながら業務に臨めるようになります
  2. 「ホウレンソウ」を行う適切なタイミングがわかるようになります
  3. 簡潔でわかりやすい説明方法を学ぶことで、円滑な情報共有ができるようになります

研修概要

本研修では、新入社員に「ホウレンソウの必要性」と「実践方法」を身につけてもらいます。

新入社員が「ホウレンソウ」を実施できないのは、必要性を感じる機会がこれまでなかったためです。まず「なぜ報告・連絡・相談という情報共有はビジネスシーンにおいて重要なのか」ということを、納得した上で理解していきます。

また、新入社員が陥りやすい「自分で何とかしようと考えてしまう」「忙しそうにしている上長への伝達タイミングを逃してしまう」などのケースを扱い、どう対応するかを考えさせます。ワークでは、実際に自分で整理して報告する実習や、メール・報告書の作成などを行うことで、知識を実践レベルに落とし込んでいきます。

3つの特徴

なぜ「ホウレンソウ」が重要なのかを、深く理解できる

「ホウレンソウ」の重要さを納得感を持って理解することで、情報伝達をおろそかにすることなく、上長や同僚と積極的に連携がとれるようになります。

「ホウレンソウ」の適切なタイミングと、簡潔な伝え方がわかる

多忙な相手への適切な伝達・簡潔な情報の取捨選択ができるようになり、業務を円滑に進められるようになります。

陥りやすいミスを知り、正しい対処ができるようになる

現場で起こりやすい考え方・伝え方のミスを減らし、共有不足によるトラブル発生を防ぎます。

想定研修時間

7時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 「ホウレンソウ」の重要性 【ゴール】なぜ「ホウレンソウ」は重要なのかを理解する
  • 【ワーク】はじめての仕事を依頼された [先輩から1ヶ月後の新卒説明会登壇の依頼をされた、どのような計画で仕事を進めていくか]
  • 仕事における情報の重要性 [まずは情報を共有する意思を持つ]
  • ホウレンソウとは [報告・連絡・相談]
  • なぜホウレンソウが新入社員にとって重要か [仕事の基本として、自分のために]
  • ホウレンソウとは不足で起こること [自身の評価が下がる、お客様への迷惑になる]
2. 情報をうまくホウレンソウするためのポイント 【ゴール】新入社員が行いやすいミスを知り、適切な対処を学ぶ
  • 【ワーク】伝え方のポイントを考えてみる [情報をミス無く伝えるには]
  • 忙しい上司に情報を伝えるために [忙しい上司から「後にして」と言われる場合にどうしたらよいか]
  • 「伝えたつもり」をなくす [何を伝えるかではなく、相手は何を知りたいか]
  • 自分で判断してしまうことからの失敗をなくす
  • 「悪い知らせ」を大きくしないために
  • 確認の重要性
3. 連絡する 【ゴール】「連絡」の方法とマインドを学ぶ
  • ビジネスにおける連絡とは [情報の共有]
  • 連絡をする際に知っておきたい基礎 [連絡のポイント]
  • 【ワーク】社内向け、社外向けの連絡の違い [それぞれの特徴を書き出す]
  • 社内向け連絡のポイント [スピード重視、要点を絞る]
  • 連絡先を想定できるようにする [連絡作業ではなく仕事に、誰に伝えるべき内容か判断する]
  • 連絡を見てもらうために [確認したか追いかけるには、見てもらえる連絡にする]
  • 【ワーク】連絡の作成 [取引先への連絡メールの作成]
4. 報告する 【ゴール】「報告」が発生する場面と方法論を学ぶ
  • 報告のポイント [あの仕事、どうなった?と聞かれないように]
  • 結果報告 [報告が漏れないようにするには]
  • 【ワーク】報告すべきことは何か考える [仕事の受注を受けたとき]
  • 中間報告 [漏れやすいが、ミスを減らすために必要]
  • 【ワーク】中間報告のタイミングはいつが良いか [長くかかりそうな仕事の場合、いつ報告するか]
  • トラブル報告 [絶対に隠さない]
  • 報告する情報の整理 [5W2Hで情報を整理する]
5. 相談する 【ゴール】「相談」の効果的な方法と意義を学ぶ
  • 【ワーク】相談する際の姿勢を考える [上司に相談する際の姿勢、心構え、ポイント]
  • 相談の重要性 [相談することで成長しながら成果を出せる]
  • ひとりでなんとかしない [仕事の目的は成果を上げること]
  • 相談のポイント [タイミングを見計らって、質問を絞る]
  • 丸投げは禁止 [相談は自分で考えたことを確認する場]
  • 相談のためのコミュニケーション [話しかけ方、受け入れる、感謝する]
  • 【ワーク】相談のロールプレイング [事例の内容を上司に相談する]
6. 実践ワーク 【ゴール】「ホウレンソウ」を実践して、知識ではなくスキルとする
  • 伝え方のポイント [納得感、結論から、理由を話す]
  • CRF・PREP [結論から話す話法]
  • 【ワーク】伝え方実践 [PREP法を用いて話す]
  • 【ワーク】情報を整理・取捨選択して簡潔にまとめる [5w2Hで情報をまとめ、報告するメールを書く]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ