テーマ別研修

企画力向上研修【実務レベルの企画を生む】

企画を発想し実務レベルに落とし込み、企画書を作成する力を身につける集中研修

本研修では、実務レベルで使える企画を練り、事業推進ができる人材を育てることを目標としています。
具体的には、「企画を発想する力」「企画を実務レベルに落とし込む力」「企画書を作成する力」の3つを順に身につけます。
多様なケーススタディを通すことで、各シーンに沿った企画が作成できるようになることが本研修の特徴です。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

すべての研修が料金一律

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンライン研修無料対応

研修は集合型でも、オンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100137

企画力向上研修の狙い

企画力を養うための基本的な提案書や企画書作りを身につけて、自己成長と社内・社外のビジネス貢献度を高めるスキルを身につけます。初めての企画書作りが楽しく、簡単にできる力をさまざまな工夫で実現していく力をつけていきます。

本研修の対象 若手社員 中堅社員

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

若手社員を中心とした全社員

企画力向上研修を実施すると

  1. 問題発見能力と問題解決能力を高め、企画をまとめて提案できる力が身につきます
  2. 提案書や企画書の違いを理解し、採用されやすい企画書が作成できます
  3. 状況に応じた企画の考え方を学び、社内だけでなく社外でも通用する企画力が身につきます

研修概要

本研修では、「企画を発想する力」「企画を実務レベルに落とし込む力」「企画書を作成する力」の3つを順に習得していきます。実務レベルで使える企画を作り上げ、事業を推進することができる人材を育成することが目的の研修になっています。

まずは、企画を発想する力を個人依存にしないために、方法論やトレーニング方法を学びます。続いて、それらが単なるアイデアではなく、実務に使える「企画」になっているかを、自分自身で確認できるようにしていきます。

さまざまなケーススタディをもとに、ビジネスシーンに合った企画の作成方法がわかるようになることも本研修のポイントです。それに基づき、採用されやすい企画書作りのポイントを身につけることができます。

企画力向上の3つのステップ

3つの特徴

「企画を発想する力」を身につける

企画を発想するために必要な観察力や問題発見能力、問題解決能力、ヒアリング力の高め方について学びます。

「企画書を作成する力」を身につける

提案書と企画書の違いを知り、シンプルでわかりやすく、採用されやすい企画書の作成方法を学びます。ケーススタディやテーマ別の事例検討で、初心者でもすぐに企画書が作成できるノウハウを身につけます。

実際に企画書を作成する

研修で学んだことを活かし、実際に企画書を作成します。発表、フィードバックを行うことにより、企画の作成と今後の活用へのポイントを理解します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

企画力向上研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 企画を発想する力 【ゴール】企画とは何かを確認し、発想する力を身に付ける
  • 【オープニングワーク】企画とは何か
  • 企画とは何か [企画力とは何か/企画力を高めるには]
  • 企画の必要性 [企画が必要な仕事/企画書が必要な理由/企画・提案の機会/ワーク]
  • 企画力を高めるための3要素 [課題把握力/ヒアリング力/発想力]
  • 発想力を高める方法 [意識的に一次情報に触れる/ブレインストーミング]
  • 【ワーク】ブレインストーミングを行う
  • 【ワーク】KJ法を用いてアイディアを出す
  • KJ法/オズボーンのチェックリスト
2. 企画を実務レベルに落とし込む力 【ゴール】提案から企画にしていく方法を理解する
  • 提案から企画までの流れ [提案書と企画書の違い/依頼提案と自主提案/シンプルな1枚の企画書]
  • 企画の構成 [企画構成のための7ステップ/課題設定(現状分析、課題発見)/基本方針策定/解決策提示]
  • 現状分析の手法 [PEST分析/3C分析/SWOT分析/その他のフレームワーク]
  • 6W2Hの質問
  • 【ワーク】PEST分析
  • 【ワーク】SWOT分析
3. 企画書を作成する力 【ゴール】考えた企画を企画書にまとめる力を身に付ける
  • 企画書作りのポイント [採用される良い企画書のポイント/相手の要望にマッチしたもの/相手の立場に立った提案であること/シンプルでわかりやすいこと/共感を呼ぶ魅力的なテーマやタイトルであること/費用対効果を示すこと]
  • 企画書のフォーマット [フォーマットを決めるポイント]
  • 企画書作成のコツ [早くまとめるコツ/説得力を増すためのコツ/社内提案のポイント]
  • 企画書の事例
  • 企画書事例1「会議の効率化:30分で結論を出す会議の提案
  • 企画書事例2「クレームゼロ作戦の提案」
4. 企画書作成の実践 【ゴール】企画書作成を実践していく
  • 【ワーク】模擬企画書の作成 [模擬企画書のテーマ例]
  • 【ワーク】模擬企画書の作成
  • 【ワーク】フィードバック、気づいたこと
  • 【ワーク】アクションプランの作成

研修参加者からの声

ITソリューション企業様

内容: 満足・良かった

88.9 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

企画力向上研修 参加者の声

  • トピックもとても興味深いものでした。内容もまとまりがあり、具体性もあって納得する内容でした。
  • ワークを混ぜながらの研修だった為、企画作成の流れが掴めました。
  • ロジカルシンキングの基本的な説明から自社で実際に使える企画の作成と、基礎と応用が1日でしっかり学べ、とても有意義な時間を過ごせたと感じました。
  • インプットとアウトプットの割合がちょうど良く、集中力を切らすことなく最後まで参加することができました。
  • 新人にとって、小手先の方法などではなく基礎を学べることができてよかったです。

電子機器・部品製造企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

企画力向上研修 参加者の声

  • 理解できたと感じました。明日からさっそく簡単な提案書、企画書を記載することを繰り返し経験を重ねたいと思います
  • 企画を立案し、企画書を纏めるまでのノウハウ、注意ポイントが整理できたことは有益だった。
  • 筋道に沿っており調査から企画書作成までの流れとそれぞれの注意点などがまとまっており、大変わかり易かったです。
  • すぐ使える企画書の作り方ということで、理解しやすかったです。 実践に即した内容で、業務に活かせそうです。
  • グループワークを前提としていたけれど、リモート研修でもかなり理解することが出来て良かったと思います。 繰り返し参考にして身につけたいと思います。
  • 奇抜な手法ではなく、地に足がついた基本を教えていただきました。これが王道なのだと思います。ありがとうございました。

研修金額

料金一律の明瞭価格で一社研修を実施することができます。想定研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

  • 後からの人数変更も無料で対応しています
  • 研修のアレンジにも追加料金はかかりません
  • オンライン研修でも追加料金無し。急遽変更でも料金変わらず対応可能です

参加者の必須条件

特になし

研修提供地域

日本全国(沖縄県を除く)およびオンラインで研修を提供中
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県

よくあるご質問

企画力向上研修はこちらから10秒で見積りを作成することが出来ます。
行っております。企画力向上研修ではお客様のご要望や理解度に合わせ、明日から使える研修を実施することを目的としています。
企画力向上研修はオンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、ご要望に合わせて研修が実施できます。

よくあるご質問の一覧>

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)

お見積り
お見積り