仮説思考研修【ロジカルシンキングによる早期抜本解決を目指す】

仮説思考による問題解決の方法を理解し、問題の早期抜本解決を導く

仮説思考研修では、「状況を分析する」「仮説を立てる」「仮説を検証する」「仮説を修正する」といった仮説思考に基づいた問題解決の流れを理解していきます。ビジネスパーソンにとって仮説を立て、検証することは問題解決に繋がります。分析力を磨き、問題を解決するのための効果的な仮説の立て方・検証方法を身に付けることで、明日からの業務に活用できる内容です。

リスキル研修の3つの特徴

すべての研修が料金一律

すべての研修が料金一律

「もっと研修を」をコンセプトとしたリスキルでは、研修を実施しやすい環境づくりのために、明瞭価格で研修をご提供しています。

実践的で高品質な研修

実践的で高品質な研修

講師陣は豊富なビジネス経験と講師経験を併せ持っており、一社研修での講師満足度は5段階中、平均4.75という高水準を実現しています。

安心の研修準備フルサポート

安心の研修準備フルサポート

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

仮説思考研修はオンライン研修に対応しています

研修コード:100130   更新日:

仮説思考研修の狙い

仮説思考による問題解決が、仕事においてなぜ有効なのかを理解した上で、仮説思考の方法を一つひとつ習得していきます。

4名以下の少人数であれば「【公開講座】仮説思考研修」も便利にご利用いただけます

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

若手社員、中堅社員など問題解決に関わる方

仮説思考研修を実施すると

  1. 問題解決や仕事促進における仮説思考の必要性を理解することができます
  2. 仮説を立てることができるようになることで、仕事のスピード、正確性が増します
  3. ワークを用いて、実践で使える仮説思考を習得することができます

リスキル 仮説思考研修の概要

仮説思考研修は、「状況を分析する」「仮説を立てる」「仮説を検証する」「仮説を修正する」という仮説思考を用いた問題解決の全体像を理解することを目的としています。

まず、網羅的な思考と仮説を用いた思考の違いについて確認をして、仮説思考におけるスピード感を意識します。そのうえで、仮説を立てるために必要な情報分析の仕方や、仮説の立て方、仮説を検証する方法について学ぶことで、スピードアップや正確性の向上につながります。最後に、ワークを行うことで、実践で用いることが出来る仮説思考を習得します。

問題解決が場当たり的になってしまったり、問題解決へ時間がかかり過ぎているようであれば、本研修が役立ちます。

本研修 3つの特徴

1. 仮説思考とその必要性についてわかる

仮説思考についてと、それがなぜ仕事をしていく上で有効なのかについて学びます。

2. 仮説思考で問題解決をするためのプロセスを習得できる

仮説思考の「状況を分析する」「仮説を立てる」「仮説を検証する」「仮説を修正する」というプロセスを理解します。

3. ワークを用いて、実践的に仮説思考を習得する

研修で学んだ内容をもとにワークを通して、仮説思考を行うことで、実践で使える仮説思考を習得します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

仮説思考研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 仮説思考とは 【ゴール】仮説思考とは何か、なぜ仮説思考が必要なのかを理解する
  • 【オープニングワーク】日常生活での仮説
  • 仮説思考とは [仮説とは/仮説思考とは]
  • 網羅思考と仮説思考 [網羅思考/仮説思考]
  • 課題仮説と打ち手仮説 [課題仮説/打ち手仮説]
  • 仮説思考のメリット [意思決定までの速度が上がる/トライアンドエラーを繰り返せる]
  • 仮説思考の手順 [状況を分析する/仮説を立てる/仮説を検証する/仮説を修正する]
2. 仮説思考のための状況分析 【ゴール】仮説を立てるための分析方法を理解します
  • 仮説思考における状況分析 [ポイント:時間を掛けずに状況を分析する]
  • 状況分析の実施方法 [1次情報に触れる/集められる情報を集めておく]
3. 仮説の立案 【ゴール】良い仮説を立案できるようになる
  • 前提:仮説は外れることもある [当たっていることは重要ではない]
  • 【ワーク】良い仮説の条件
  • 仮説の立て方 [深く掘るか、広げるか、視点を変えるか]
  • 深く掘る [Why So?を繰り返す/So What?を繰り返す/どのくらい深く掘るか]
  • 広げる [ロジックツリー/MECE/切り口を変えていく]
  • 視点を変える [自分と反対側の視点に立つ/両極端に振って考える/ゼロベースで考える]
  • 【ワーク】課題仮説を立てる
  • 仮説に対して予測を立てる [予測をする必要性/【ワーク】立てた課題に対して、予測を立てる]
4. 仮説の検証と修正 【ゴール】仮説を検証する手法を理解する
  • 仮説の検証 [仮説と検証はセットである/主な検証方法]
  • 分析による検証 [具体例/分析による検証のステップ/分析をし過ぎない]
  • フェルミ推定による検証 [フェルミ推定とは]
  • 【ワーク】フェルミ推定で考える
  • 実験による検証 [現場実験/テストマーケティング/実験による検証には向くもの・向かないもの]
  • 仮説の修正 [仮説は完璧ではない/時間のロスにはならない]
5. 仮説思考の実践 【ゴール】研修で扱った仮説思考をもとにワークを通して実践する
  • 【ワーク】自社の問題について仮説思考で考える
  • 考える仮説
  • 状況を分析する
  • 仮説を立てる
  • 検証方法を考える

仮説思考研修参加者からの声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想を頂いております。

物流企業様

内容: 満足・良かった

92.9 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

仮説思考研修 参加者の声

  • 学んだ内容を直後に実践できるため、記憶に残り良かったです。
  • その発想があったか、と感心する場面が多くて勉強になりました。
  • グループワークが多く、とても楽しく受講することができました。個人的に仮説思考(まずは自分で考える、自分なりの見解を持つ)を身につけたかったものなのでとても有意義な研修となりました。

運輸系企業様

内容: 満足・良かった

89.5 %

講師: 満足・良かった

89.5 %

仮説思考研修 参加者の声

  • 改めて仮説の立てて、検証するということの難しさと有意性を感じました。
  • 具体的な例を用いてご説明頂いたので、仮説思考の基本的な考え方を学ぶ事ができました。本日はありがとうございました。
  • 今回の研修はワークの時間が多く、チームメンバーとより親密になれたと感じました。内容については普段から「仮設」を立てて物事を考えていけるよう、意識したいなと思いました。
  • 仮説思考を知らずの間に、振り返って考えてみると日常でも使っていたんだなと思いました。物事を考えたり、進めたりする際にとても有効な手段であると認識したので、今後は意識して癖付けしていこうと思います。
  • 仮説思考について、ワークをやりながら丁寧に教えて頂き明日からの業務に活かせます。

研修金額

料金一律の明瞭価格で一社研修を実施することができます。想定研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

  • 後からの人数変更も無料で対応しています
  • 研修のアレンジにも追加料金はかかりません
  • オンライン研修でも追加料金無し。急遽変更でも料金変わらず対応可能です

仮説思考研修参加者の必須条件

新入社員などの若手社員の方々を研修対象のメインとしていますが、それ以外の方もご参加いただけます。

研修提供地域

日本全国およびオンラインで研修を提供中
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

仮説思考研修のよくあるご質問

よくあるご質問の一覧>
オンライン仮説思考研修 詳細>

リスキルの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)