テーマ別研修

仮説思考研修【ロジカルシンキングによる早期抜本解決を目指す】

仮説思考による問題解決の方法を理解し、問題の早期抜本解決を導く

仮説思考研修では、「仮説を立てる」「問いを明らかにする」「必要なデータを集める」「仮説を検証する」といった仮説思考に基づいた問題解決の流れを理解していきます。
日常業務での実践方法も丁寧に研修をしていくため、問題解決に時間がかかってしまう場合や、その場しのぎの対応をしてしまいやすい場合に効果的なカリキュラムです。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100130

仮説思考研修とは?

仮説に焦点を当てたロジカルシンキング研修とは、仮想思考を基に論理的に考えることができるようになるための研修です。

仮説思考は問題解決において重要な考え方です。仮説思考抜きで問題解決を図ろうとすると、答えの予想ができていないために、必要のないデータを集めてしまったり、問わなくてもよい問題に時間を使ってしまうということになりかねません。

仮説思考ができれば、出すべき答えとなる仮説を事前に想定することができるため、その答えを出すための問いも明確になります。仮説思考による問題解決は、仕事のスピードを上げ、正確性を高めていきます。仮説思考はビジネスパーソンにとって必須スキルと言えるのです。

本研修の狙い

仮説思考による問題解決が、仕事においてなぜ有効なのかを理解した上で、仮説思考と仮説思考力を高めていくための方法を習得します。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

若手社員、中堅社員など問題解決に関わる方

本研修を実施すると

  1. 問題解決や仕事促進における仮説思考の必要性を理解することができます
  2. 仮説を立てることができるようになることで、仕事のスピード、正確性が増します
  3. 仮説思考を身につけるために普段から実践できる考え方のポイントがわかります

研修概要

仮説思考研修は、「仮説を立てる」「問いを明らかにする」「必要なデータを集める」「仮説を検証する」という仮説思考を用いた問題解決の全体像を理解することを目的としています。

仮説の立て方を理解することによって、その答えを導くために必要な問いも立てられるようになります。

さらに、仮説を検証するにあたって必要となるデータを集める際のポイントと分析のコツについて学ぶことで、スピードアップや正確性の向上につながります。

最後に、仮説思考を身につけるために、普段の生活や仕事の中で実践できるポイントについて学ぶことで、自ら仮説思考力を高めていけるようになります。

問題解決が場当たり的になってしまったり、問題解決へ時間がかかり過ぎているようであれば、本研修が役立ちます。

3つの特徴

仮説思考とその必要性についてわかる

仮説思考についてと、それがなぜ仕事をしていく上で有効なのかについて学びます。

仮説思考で問題解決をするためのプロセスを習得できる

仮説思考の「仮説を立てる」「問いを明らかにする」「必要なデータを集める」「仮説を検証する」というプロセスを理解します。

仮説思考が身につく、普段から実践できる考え方を学ぶ

仮説思考はすぐにできるというものではありません。しかし、日々繰り返すことで、失敗からも学んでいくことができます。仮説思考を身につけるために、日々できる思考方法をワークを通じて習得していきます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 仮説思考とは 【ゴール】仮説思考の必要性を理解する
  • 仮説とは何か [仮の答えをもつ]
  • ワーク:日常の中の仮説思考 [日常で仮説が正しかった場合、間違っていた場合を思い出してみる]
  • なぜ仮説思考が必要なのか [全て手当たりしだいに作業するのは現実的ではない]
  • 仮説思考のメリット [情報の量を緩和、問題解決に役立つ]
2. 仮説思考の使い方 【ゴール】仮説思考の全体像を理解する
  • 【ワーク】仮説思考で問題を絞り込む [複数のケースで問題の絞り込みを体験する]
  • 問題発見の仮説 [複数上がった仮説を絞り込む]
  • 問題解決の仮説 [発見した問題から、解決のための仮説を作る]
  • 【ワーク】集客の問題について仮説思考で考える [プロジェクトのリーダーとして原因と対策の仮説立て、検証方法を考える]
  • 仮説、実験、検証を繰り返す [繰り返し行うことによる実例を知る]
  • 全体を捉える [仕事の進め方として仮説思考を活用する]
3. 仮説の立て方 【ゴール】仮説の立て方について理解する
  • 仮説の立て方のパターン [仮説を思いつきかたに決まりはない]
  • 【ワーク】データ分析からの仮説構築 [簡単なデータから多くの仮説を立てる練習をする]
  • ヒアリングからの仮説構築 [ヒアリング内容から目的にあったポイントを捉える]
  • ひらめきからの仮説構築 [視点を変える、ゼロベースで考える]
  • 【ワーク】ゼロベース思考で考える [売上を上げる方法を提案する]
  • 良い仮説とは [よく掘り下げられている、アクションに結びつく]
4. 検証の仕方 【ゴール】仮説を検証する手法を理解する
  • 現場実験による検証 [消費財の販売の例、テストマーケティング]
  • 分析による検証 [必要以上の手間をかけない分析をする]
  • 【ワーク】フェルミ推定による検証 [誰も答えがわからないことを推定することで鍛える]
  • さまざまな分析方法 [定量分析と定性分析]
5. 仮説思考を身につける 【ゴール】仮説思考力を高めるために普段できることを理解する
  • 日常生活でのトレーニング [日常で得ることができる情報から考える]
  • 【ワーク】日常から気になったことの仮設を立ててみる
  • So What?Why So?を繰り返す [日常の出来事が何を意味しているのか考える]
  • 【ワーク】So What?Why So?を考える
  • 相手の立場で考える [これまでと違った発想が生み出される]
  • ワーク:自社の売上を上げる方法を考えてみよう [仮説思考を使って考える]
  • 失敗を繰り返すことの必要性 [少ない情報で考える癖をつけて何度も挑戦する]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

新入社員などの若手社員の方々を研修対象のメインとしていますが、それ以外の方もご参加いただけます。

よくあるご質問

仮説思考研修はこちらから10秒で見積りを作成することが出来ます。
行っております。仮説思考研修ではお客様のご要望や理解度に合わせ、明日から使える研修を実施することを目的としています。
仮説思考研修はオンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、ご要望に合わせて研修が実施できます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り