テーマ別研修

契約書基礎知識研修【要点を短時間で理解する】

実務に直結する「契約」「契約書」の基礎を学び、意思決定の速度を上げる

本研修では、「契約」「契約書作成の実務」について深く理解していきます。
契約書を読むだけでなく、作成の際に必要な法的知識・リスク管理能力を身につけることで、専門家に一任している状況からある程度現場で業務を勧めていけるような体制を整えることができます。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100156

契約書基礎知識研修とは?

契約書基礎知識研修とは、契約書の読み方や注意点を身につける研修です。

ビジネスにおいて契約書を締結する機会は年々増加傾向にあります。しかし、契約内容を正しく理解せず、曖昧なまま取引を繰り返していると、後になって重大なトラブルを招く可能性があります。

トラブルを未然に防ぎつつ円滑な取引を行うには、実際にビジネスの現場で交渉を主導する営業・企画担当者や、弁護士との窓口となる法務・総務部門の方が「契約」の定義や機能といった基本な知識や具体的な契約書作成時のチェックポイントなどをきちんと理解する必要があります。

本研修の狙い

企業におけるリスク管理が重要視される昨今、営業や契約を取り扱う部門の担当者には幅広く深い法務実務知識が求められています。また、単に断片的知識ではなく応用力のある実務的知識が必要です。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

企業の法務・総務部門等の方、業務で契約書・契約実務の知識を必要とされる方

本研修を実施すると

  1. 実務的な観点から契約に必須の基礎知識を体系的に修得できます
  2. 多数の事例を参考に演習を行う事で、契約書で押さえるべきポイントが身につきます
  3. 契約書作成の実習により、実務に活かせるレベルに到達できます

研修概要

本研修では、「契約とは何か」といった基本的なことから、契約締結の注意点、各種契約のポイントまで、「契約」に関して知っておくべき基礎を理解していきます。

「契約と契約書作成の実務」の基本を体系的に学ぶことにより、契約書を読む力だけではなく、実務に必要な法的知識や考え方や、リスク管理のセンス、そして作成方法を併せて身につけることができます。今まで契約書を弁護士に任せきりにしていた企業、営業である程度判断し、意思決定の速度を上げていきたい、実務に活かせるようにきちんと理解させたい、という企業に適した研修になっています。

※ 前提として、最終判断、特に法的リスクが大きい案件では弁護士に確認を取るようにしてください。

3つの特徴

契約書の重要性を実務視点で理解する

契約書を読みこなすために求められるレベルは、職種や会社の状況によって異なります。自身の職種や立場に応じた契約書の読み方、作り方のコツがわかるようになります。

契約書からビジネス上のリスクが見つけられるようになる

契約書の各条項に潜む法的リスクやビジネス上のリスクを発見できるようになります。

トラブル事例から自社の契約締結の注意点を認識する

過去の事例から契約時に起こりうるトラブルの実際を知り、それを踏まえて契約書作成を練習することで、自社での業務にすぐに役立ちます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 契約とは 【ゴール】契約の基本を学ぶ
  • 【ワーク】契約について持っているイメージ
  • 契約とは [定義、契約の種類・分類]
  • 契約と約束の違い [権利や義務が発生するか、法律的に強制されるか]
  • 【ワーク】契約と約束の違いについて話し合う
  • 契約書を作る理由 [トラブルを防ぐためのリスクマネジメント]
2. 契約書締結の重要性 【ゴール】契約書の必要性を理解する
  • 証拠としての意味(トラブル予防機能)
  • 合意の形成・確認手段としての意味
  • 事実上の信用性
  • 【ワーク】契約の必要性について考える
3. 契約書の条項 【ゴール】契約書に記載する条項を一通り把握する
  • 秘密保持条項
  • 損害賠償条項
  • 【ワーク】損害賠償について考える
  • 有効期間
  • 解除条項/反社会的勢力排除条項
  • 支払条項
  • 検収(検査・検品)条項
  • 遡及効条項
  • 裁判管轄条項
  • 【ワーク】裁判所管轄条項について考える
4. ビジネス契約書の基本実務 【ゴール】実務上の注意点を学ぶ
  • 印鑑の取り扱い [印鑑の種類とレベル、さまざまな押し方]
  • 時効 [取得時効と消滅時効]
  • 契約書で注意すべき言い回し [よく使われる接続詞、ややこしい表現の理解]
  • 【ワーク】注意すべき言い回しについて考える
5. 事例紹介 【ゴール】実際のトラブル事例を学び、業務に活かす
  • 取引先の倒産 
  • 契約内容に関する認識の相違
  • 契約解除の効果
  • 損害賠償請求
  • トラブルの解決方法 [契約を結ぶ前にできること、解決するための相談窓口]
6. 演習 【ゴール】契約書のチェックの仕方を知り、実際に契約書を作成する
  • ワーク:契約書のチェック [契約書チェックシートを活用して、【演習用】業務委託契約書に間違いが無いかをチェック]
  • ワーク:与えられた条件をもとに売り手・買い手それぞれの立場から実際に契約書の条項を作成する

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ