テーマ別研修

ヒューマンエラー防止研修【ミスを減らす】

ヒューマンエラーが起こるメカニズムと対策を学び、エラーの影響を最小限に止める

本研修では、「なぜヒューマンエラーが起きるのか」を脳がエラーを起こしやすい例を題材として理解し、未然に防ぐためのノウハウを身につけます。
ヒューマンエラーは個人の能力の問題ではなく、脳がミスを起こしやすいメカニズムを正しく理解できていないことに原因があります。
よくある事例を上げながら、基本的対策を習得できる研修です。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100093

ヒューマンエラー防止研修とは?

ヒューマンエラー防止研修とは、エラーが起こる原因を人間の脳のメカニズムから解明し、エラーを未然に防ぐための対策を身につける研修です。

人間である限り間違いをゼロにすることはできません。しかし、少なくすることは可能です。ヒューマンエラーを少なくしていくことで、企業としての信頼度が増し、売上・コストの両面でよい作用が発揮されます。

ヒューマンエラー防止研修では、エラーが起こる原因を人間の脳のメカニズムから解明し、エラーを未然に防ぐための対策を身につけていきます。

本研修の狙い

ヒューマンエラーが発生するメカニズムから原因を知り、基本的対策を理解することにより、ヒューマンエラーを未然に防止できる実践的な考えを学びます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

新入社員、中堅社員、管理監督者

本研修を実施すると

  1. ヒューマンエラーが発生する4つのメカニズムを理解します
  2. ヒューマンエラーに対する基本的対策方法を身につけます
  3. ケーススタディーからメカニズムの分類を行い、基本的対策を習得します

研修概要

本研修では、脳がエラーを起こしやすい事例を題材に、エラーが発生するメカニズムを4つに分類し、それぞれへの基本的な対策を立てることを通じて、ヒューマンエラーを未然に防止するノウハウを身につけます。

なぜ人間はエラーを起こしてしまうのか。それは記憶力や判断力といった個人の能力の問題ではなく、人間の脳がミスを起こしやすいメカニズムにもかかわらず、私たちがそれを正しく理解していないことが原因です。

「データを添付せずにメールを送信してしまった」「上司から頼まれた仕事を忘れてしまった」といった、よくある事例からエラーが発生するメカニズムを4つに分類し、そこから基本的対策を立てることによりエラーを防ぎます。

3つの特徴

ヒューマンエラーを減らす必要性を深く理解する

人間である限り発生するヒューマンエラーの定義から、ヒューマンエラーが原因で起こった実際にあった事件からヒューマンエラーが与える影響を認識し、重要性を学びます。

ヒューマンエラーの発生理由を理解し、再発防止策を打てるようになる

「もう二度と起こさない」と思っていても、なぜ人間は同じようなヒューマンエラーを繰り返してしまうのかを、最近の脳科学や認知科学から原因を探り、再発防止のための知識を学びます。

実際のヒューマンエラーから対策を考え、実務に活かす

研修参加者が体験したヒューマンエラーは4つのメカニズムのうちどれにあたるのか、適切な基本的対応をグループごとに考え、実践力を身につけます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. ヒューマンエラーとは何か 【ゴール】ヒューマンエラーの定義を理解する
  • ヒューマンエラーの事例
  • 何をヒューマンエラーと呼ぶか
  • 事故の背後にヒューマンエラーあり
2. なぜヒューマンエラーが起こるのか 【ゴール】エラーが発生する4つのメカニズムを理解する
  • メモリーミス(忘れた)
  • アテンションミス(見落とした)
  • コミュニケーションミス(伝わっていない・聞いていない)
  • ジャッジメントミス(判断を間違えた)
  • ワーク:自分が起こしやすいエラーを探る
3. メモリーミスの基本的対策 【ゴール】メモリーミスの対策を理解する
  • ワーキングメモリーの節約
  • 外部補助記憶
  • 符号化
  • 記憶術
  • 印象づけ
4. アテンションミスの基本的対策 【ゴール】アテンションミス・コミュニケーションミスの対策を理解する
  • 「頑張らない」対策
  • 注意の無駄遣いを減らす
  • マルチタスクとシングルタスク
  • ワーク:GTD
  • 意識の矢印をどこに向けるか
  • 復唱の重要性
  • 「答え」より「応え」を聞く
5. コミュニケーションミスの基本的対策 【ゴール】ジャッジメントミスの対策を理解する
  • 評価基準のズレをなくす
  • 思考を逆に振る
  • 真実性の錯覚
  • ジャッジメントミスのジレンマから抜け出す
6. ジャッジメントミスの基本的対策 【ゴール】事例から「自分ならどうするか」対策力を身につける
  • ・ケーススタディ:医師が書いたメモが読めない看護師
  • ・ケーススタディ:「10万株を1円で売る」値段の打ち間違い
  • ・ケーススタディ:あなたが実際に起こしたヒューマンエラー

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ