テーマ別研修

アンガーマネジメント研修【怒りをコントロールしながら部下に伝える】

怒りをはじめとする負の感情のうまい扱い方を習得し、働きやすい職場をつくる

本研修では、怒りという強い感情を分析・理解し、コントロールする術を身につけます。
感情に任せた振る舞いは、社内外での軋轢や問題を引き起こしかねません。
怒りをマネジメントできるようになることで、トラブルを防止し、前向きに部下に伝えることができるようになります。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100089

アンガーマネジメント研修とは?

アンガーマネジメント研修とは、怒りやイライラといったネガティブな感情が、個人や組織にマイナスな影響を及ぼさないように上手にマネジメントするためのトレーニングをする研修です。

自分と違う価値観の人とのコミュニケーションによってイライラしたり怒ったりすることは誰にもでもあることです。ビジネスパーソンの90%以上が仕事上で怒りを感じた経験を持つといいます。怒りの感情に振り回されてしまうと、正しい判断を欠いたり、上司と部下やチームでのコミュニケーションが不適切なものとなり、生産性の低下にもつながりかねません。

一方で、アンガーマネジメントが上手にできるようになると、これまでとは別の角度から物事を捉えることができるようになり、自身の中で多くの気づきや変化が生まれます。それは他者への理解や職場での人間関係、日常生活での人との対話などによい影響をもたらします。このようなことから、アンガーマネジメント研修のニーズは高まっています。

本研修の狙い

怒りの上手な扱い方を身につければ、自身がストレスを溜め込み疲弊することや不必要な衝突が激減します。怒らずとも気持ちや考えが伝わるコミュニケーションスキルを習得し、職場で良好な人間関係を築くこと、コミュニケーションが円滑になることで、生産性が上がることをねらいとします。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職

本研修を実施すると

  1. 怒りのメカニズムを理解し、自分の怒りのパターンを認識することで、課題を意識化できます
  2. 怒ったり感情的にならずに、気持ちや考えを上手に伝えるためのコミュニケーションを身につけます
  3. 部下の効果的なマネジメントのために怒りが生まれにくい信頼関係が作れるようになります

研修概要

ビジネスシーンにおいて、怒りをコントロールできずに感情に任せた言動は組織内で衝突や軋轢を生んだり、信頼関係にダメージを与えたり、生産性の低下にもつながりかねません。また、強い怒りの感情は重要な意思決定にも影響を与える場合があり、怒りをうまく処理できないことが企業の損失を招くことも考えられます。

本研修によって、怒りはどうして生まれるのか、湧き上がる怒りを分析・理解し、うまくつきあう方法を習得することで、無駄な怒りをなくしたり、ストレスを軽減できるようなります。

まず、怒りの感情の本質を理解することから始め、怒らなくても感情をうまく伝えられる方法や、怒りが湧いたときに返す言葉のフレーズなど、職場での怒りやイライラが個人や組織にマイナスな影響を及ぼさないよう、上手にマネジメントするための実践スキルを身につけます。そして、部下に納得してもらえる伝え方、普段の関係構築から怒りが生まれにくい環境を作るなど、部下の育成や指導に役立てていく方法を学びます。

3つの特徴

「怒り」の扱い方について心理学的側面からも理解する

人はなぜ怒るのか? 怒りという感情について心理学的側面から分析・理解し、その扱い方をしっかりと理解することで対処法を身につけます。

自己表現のタイプ・仕事に求める価値に対応するコミュニケーションスキルを習得する

人のコミュニケーションのタイプや仕事に求める価値は異なります。感情的にならず、相手に伝えるための方法を学びます。

部下と信頼関係を築き、怒りを生まない、効果的なマネジメントができる

怒りが生まれにくくなるための環境作りを学び、部下育成や指導がズムーズに進むための方法を理解します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 「怒り」とは何なのか 【ゴール】「怒り」という感情とアンガーマネジメントの基礎を理解する
  • 【ワーク】怒りについての認識 [自身が怒りを感じたこととその程度を振り返る]
  • 怒りについての基礎知識 [怒りとは、怒りの原因、第一感情と第二感情]
  • アンガーマネジメントの必要性 [アンガーマネジメントとは、なぜ学ぶ必要があるか]
  • 組織の循環モデル [アンガーマネジメントで関係の質を担保する]
2. 自分の怒りの傾向を知る 【ゴール】自分の怒りのサインを知り、どのような行動を起こすのか知る
  • 怒りの性質と怒りのタイプ [6つの怒りのタイプから自身のタイプを知る]
  • 【ワーク】自分の怒りの特徴を知る [チェックより、怒りの頻度、強度や持続性などの特徴を意識する]
3. 怒りのセルフコントロール 【ゴール】怒りを感じた時の対処法を学ぶ
  • 怒りの自己コントロール [怒りの持続時間、怒りのピークを乗り切る方法]
  • 【ワーク】「〇〇するべき」の境界線を探る [質問、状況に対しての共用範囲の違いを知る]
  • 思考・行動のコントロール [怒りへどのように対処するか]
  • 【ワーク】怒りを感じた出来事を整理する [その出来事は怒るべきことなのかを考える]
  • 部下への期待値を調整する [100点満点を求めない]
4. アサーティブに感情を伝えるためには 【ゴール】アサーティブな考え方を身につけ、怒るべき場面でストレスなく叱ることができる
  • 適切な叱り方のための基礎知識 [叱ると怒るの違い、叱る時の心構え]
  • アサーティブに部下を叱る [アサーティブとは、4つのコミュニケーションタイプ]
  • 【ワーク】自分自身と職場のメンバーを4つのタイプに当てはめる
  • DESC法を用いたアサーティブ・コミュニケーション [描写する、説明する、提案する、選択するの4段階で客観的に伝える]
  • 【ワーク】DESK法で部下を指導する
5. 相手のタイプに合わせた伝え方 【ゴール】部下のタイプを学び、相手も自分も納得できる叱り方を身につける
  • 5つのモチベーションソース [各自が仕事に何を求めているかは異なる]
  • 【ワーク】モチベーションソースの異なる部下に対する指導 [リーダーとしてモチベーションソースが異なる部下に同じ結果を求める指導をする]
  • タイプ別部下マネジメント [仕事の習熟度に焦点を絞ったタイプ分け]
  • 【ワーク】実際の部下に対するアプローチ方法を考える [部下への指導の事例にタイプを意識してアプローチする]
6. 部下との信頼関係の構築・アンガーマネジメントの実践 【ゴール】部下に納得してもらいやすい環境をつくり方を学ぶ
  • 面談・指示以外で部下と話しているか [コミュニケーション不足を解消する方法]
  • 部下への期待を伝える場合は [期待をすることで成果が上がる「ピグマリオン効果」の活用]
  • 【ワーク】実践 [モチベーションソース、部下のタイプ、DESC法を用いて部下の問題解決をする]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

部下がいるマネージャー層の方々を研修対象のメインとしていますが、一般の社員の方でもご参加いただけます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ