テーマ別研修

問題解決研修 分析編【問題分析の方法論を短時間で】

問題を分析するために有用なフレームワークを体得する

本研修では、問題解決の取り組みにおいて重要となる「分析」の力を養います。
問題を特定し、原因を調査する段階において、客観的な分析は欠かせません。広く、深い分析をするためにはフレームワークを使用します。
ワークを通じて各フレームワークの運用法を習得することで、状況に応じた的確な分析が可能となります。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100135

問題解決研修 分析編とは?

分析に焦点を当てた問題解決研修とは、問題解決に必要となる分析を、客観性を持って実施できるようになるための方法論を学ぶ研修です。

問題解決では、まず、取り組む問題を特定し、次にその問題の本質的な原因を探っていき、最後に対策案を立案・実行していきます。このプロセスを効率的に行っていくのに、さまざまなフレームワークが活用されています。

フレームワークを理解し、使えるようになることで、問題解決のプロセスの各段階で何をどのように分析するのかが明確になり、効率的に分析を行っていくことができます。フレームワークを活用する習慣や思考法を修得することは、考える力が身につくだけでなく、仕事への自信にもつながります。

本研修の狙い

問題解決における分析ツールとして有用なフレームワークを活用できるようになり、参加者が効果的・効率的に問題解決を実施できるようになることを目指します。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

すべての従業員

本研修を実施すると

  1. 問題を特定する際に有効な、要素を分解し思考を拡げていく汎用性の高い分析の手法を理解することができます
  2. 問題の本質的な原因を特定する際に有効な、要素を階層ごとに深掘っていく汎用性の高い分析の手法を身につけることができます
  3. 特定の分析に有用なフレームワークのうち、代表的なフレームワークを目的別に利用できるようになります

研修概要

本研修は問題を分析するための方法論を短時間で集中的に学ぶ研修です。

企業の問題解決では、まず、取り組む問題を特定し、次にその問題の本質的な原因を探っていき、最後に対策案を立案・実行していきます。

問題を特定する段階および本質的な原因を探る際、広さと深さにおいて客観的な分析が必要になります。思考を拡げる分析と思考を深掘りしていく分析には、それぞれ適したフレームワークがあります。

本研修では、ワークを通じて各種の分析フレームワークを習得することを目指します。また、各論の分析においては、その目的別にさまざまな手法があり、状況に応じて適切なフレームワーク分析を実施できるようになることを目指します。

3つの特徴

問題を特定する際に有効な分析手法を理解する

問題を特定する段階では、思考を拡げていく分析を行います。この分析を行う上で活用でき、非常に汎用性の高い思考を拡げていくフレームワークについて、ワークを通じて習得します。

問題の本質的な原因特定に有効な分析手法を理解する

問題の本質的な原因を特定する段階では、思考を掘り下げていく分析を行います。この分析を行う上で活用でき、非常に汎用性の高い思考を拡げていくフレームワークについてワークを通じて習得します。

目的別の分析手法を知り、理解する

さまざまな分析の手法のうち、代表的なフレームワークを目的別に理解することで、目的に応じて活用するフレームワークを柔軟に選択できるようになることを目指します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 問題解決とは 【ゴール】本質的な解決につながる問題解決の手順を理解する
  • よくある問題解決の失敗パターン
  • 問題解決のプロセス
  • 問題解決における分析の手順
  • 拡げる分析と深掘る分析
  • 思考のフレームワークの有効性
2. 問題の発見における分析 【ゴール】対処する問題を特定する分析の手法について理解する
  • 問題の発見とは
  • 拡げる分析
  • MECEとは
  • 分解の切り口
  • ワーク:ロジックツリー
3. 問題の原因特定における分析 【ゴール】問題の原因を特定する分析の手法について理解する
  • 問題の原因の特定とは
  • 深掘る分析
  • 深く掘り下げる
  • 広く掘り下げる
  • 正しく掘り下げる
  • ワーク:連関図法(なぜなぜ分析)
  • 特性要因図
4. 目的別分析手法の紹介 【ゴール】問題を評価する過程で有用な目的別分析手法を理解する
  • 事業活動の可視化ツール(バリューチェーン分析)
  • マクロ環境理解のツール(PEST分析)
  • 業界の競争環境の理解のツール(5Forces分析)
  • 自社の強みの把握のツール(VRIO分析)
  • 顧客情報をセグメント分けするツール(パレート分析)
5. 対策案の立案と実行における分析 【ゴール】対策案の立案と、実行における分析手法やフレームワークを理解する
  • 対策のロジックツリー
  • 対策案の評価の視点
  • KPI
  • ガントチャート
  • ワーク:ロードマップ

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ