0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

ファシリテーション研修 会議編【効果的な会議をつくる】

効果的な会議の進め方と、会議が活発化するファシリテーションの実践的な手法を習得する

本研修では、会議をスムーズに進行し、意義あるものとするためのファシリテーションスキルを獲得していきます。
会議中に起こりやすい各種問題を知り、分析することで、基本的な対処方法を習得できるほか、ワークを通じて様々なテクニックも身につけることができます。

研修コード:100057

ファシリテーション研修 会議編とは?

ファシリテーション研修とは、組織・集団内で行われる話し合いや議論において、その成果が最大となるように支援するためのスキル習得を目的とした研修です。

会社や組織に所属する以上、商品開発や報告共有、課題解決など、さまざまな目的の会議に出席する機会が出てきます。しかしながら、会議も適切な運用とコントロールがなければ、無駄に時間を浪費してしまう、議論が堂々巡りになってしまう、批判が飛び交ってしまう、というような場になる可能性があります。

これらの対策としてファシリテーションの技術を身につけることで、会議が有益な場となり、成果を生み出す場として機能し始めます。

本研修の狙い

会議を円滑に、そして効果的にファシリテーションする方法論を身につける研修です。問題の分析方法やアイデア出しの手法、会議を建設的に進めるための指針設定など、議論をどのように進めていけばよいのかを理解することができます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

すべての従業員

本研修を実施すると

  1. 発言をまとめ上げ、意見の噛み合っている会議を仕切ることができます
  2. 効果的な会議に必要な事前準備を理解し、スタートからゴールまでの設計ができます
  3. 会議で活用できる手法を身につけ、有意義な会議を実施するためのルールを設定できます

研修概要

本研修では、会議において行われる議論をスムーズかつ効果的なものにするべく、ファシリテーションのスキルを身につけていきます。

まずは、日々の会議の中でよく起こってしまうさまざまな問題を分析し、基本的な対処方法を学んでいきます。

その後は、実際の会議の中で活用できるいろいろなテクニックや手法を、ワークやロールプレイングを通して参加者自身が体感していきます。自分の職場の問題点と照らし合わせながら、どのように活用できるかを具体的にイメージしてもらうことが可能です。最終的には、本研修の受講者がファシリテーターとして、もしくは、ファシリテーションの視点を持った会議参加者として、会議を効果的に進めることができるようになることをゴールとしています。

3つの特徴

本当に効果のある会議の進め方を習得できる

悪い会議の例を検討することで、よくある問題点の把握を行ない、その対応を身につけていきます。

意見やアイデアがスムーズに出る会議のつくり方がわかる

参加者全体が積極的にアイデア出しができるようになるだけでなく、埋もれてしまいがちな小さな意見にも耳を傾けられるような会議をつくることができます。

理想的なゴールの設計ができるようになる

活発なアイデア出しだけで終わらず、それを関係各所が協調して実行に移せるよう、意見や合意の調整を行うための考え方や手法を身につけられます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 会議の問題発見 【ゴール】会議の場で起こりやすい問題と良い会議の方向性を理解する
  • 日常業務における会議の占める割合 [会議は時間を多く使っている]
  • ワーク:現状の会議の問題点共有 [個人で問題点をあげ、グループで共有してまとめる]
  • 集団思考のメリットとデメリット [集団でものを考えるということにたいする、デメリットの回避法を考える]
  • ファシリテーション [ファシリテーションの基本的な考え方]
  • 良い会議の特徴 [ファシリテーションを実施する際の基本]
2. 会議の種類 【ゴール】会議の種類とそれぞれの方法論を理解する
  • 目的の明確化と会議の種類
  • 共有する会議 [概要と改善策]
  • 区切る会議 [概要と改善策]
  • 整理する会議 [概要と改善策]
  • 決定する会議 [概要と改善策]
  • 発散する会議 [概要と改善策]
3. 会議の流れと設計 【ゴール】会議のスタートとゴールを設計して、スムーズな会議の準備ができる
  • 良い会議の基本的な流れ [ゴールの確認、内容、決定事項やタスクの確認]
  • 終了状態と進め方の確認(重要ポイント) [よくある問題点を解決する、ワーク:終了状態の案を出す]
  • 決定事項とタスクの確認(重要ポイント) [タスク確認と議事録のポイント]
  • 会議の設計と準備シートの作成 [「適度な」準備の必要性]
  • 会議の目的別プロセスシート(参考例)
  • ワーク:準備シートの作成 [次回の会議をイメージして作成する]
  • グランドルールの設定 [決める際の注意点と決め方]
  • グランドルールの設定
4. 場をコントロールする 【ゴール】設計した会議のプロセスを実際に機能させるために、場をコントロールする
  • ファシリテーションのための問いかけ [提示と問いかけの方法]
  • 人が納得するポイント [合意形成しやすい部分から話を始める]
  • 参加者のコントロール(困らないようにする) [起きる前に対処しておく]
  • 参加者のコントロール(対立が起きたとき) [事例ごとの対処方法]
  • 参加者のコントロール(参加者の中の「問題児」) [パターンと対処方法]
  • 参加者のコントロール(アイディア出し) [アイデアを出しやすくするルール]
  • 参加者のコントロール(絞り込み・決議のとり方) [絞り込みの基準、ポイント]
  • 質疑応答の実施方法 [ファシリテーターとしての役割]
5. 書くファシリテーション 【ゴール】議論をわかりやすく可視化し、まとめる方法論を身につける
  • 書く理由 [話の方向を理解しながら誤解なく進める]
  • 書くファシリテーションの基本 [会議中に書くこと、文字の書き方など]
  • 白板に書くもの(意見・論点・決定事項の書き方) [白板の使い方、書き方]
  • 書く速度を上げるテクニック [省略する、キーワード]
  • ワーク:書くファシリテーション実践 [ファシリテーションを実施し、実際に書いてみる]

研修参加者からの声

化粧品製造販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ファシリテーションの難しさを実感するとともに大変勉強になりました。
  • 実際の業務に照らしたケーススタディがあったので理解しやすかった。
  • 会議の目的や終了を明示することがファシリテートする事において重要であることが理解できた。
  • ファシリテーターとして課題解決の進め方理解でき今の業務に活かせます。

メーカー企業様

内容: 満足・良かった

94.7 %

講師: 満足・良かった

94.7 %

研修参加者の声

  • 会議をより良いものにしていくために事前準備やファシリテーションの重要さを感じました。目的に応じて進行方法を事前に決めておくようにしていきます。
  • 実際の場面でも使えそうなところがたくさんあった。
  • 型を理解することができとても勉強になりました。
  • 実際に近い例題で取り組みやすかった。

研究開発企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 最初は上長クラスの方が受講するのかと思いましたが、実際に受けてみてどんな会議や打ち合わせにも活かせるなと思いました。勉強になり、今後活かしていきます。
  • 会議の進め方についてワークを通して実践的に学べたのが良かった
  • 改めて反省すべきこと、より理解が深まったことがありました。

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

会議においてファシリテーターとなるような役割が期待される方を対象としていますが、日常の会議の参加姿勢に問題を抱えている方も参加できます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ