テーマ別研修

先輩社員向け OJT研修【部下をもたせる社員に】

効果的なOJTの体系的な取り組み方を短時間で理解する

OJT研修では、部下の育成・指導の基本であるOJTの重要性と有効な指導方法についてを知っていきます。上司・部下間の適切な関係構築の方法をワークを交えて身につけ、OJTが実施できるようになります。また、タイプ別の部下対応も扱うため、指導者としてのスキルアップが図れます。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンライン研修無料対応

研修は集合型でも、オンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100014

先輩社員向け OJT研修とは?

OJTの方法論研修とは、先輩社員がOJTを行う際、どのように実施するかをトレーニングする研修です。

OJT(On the Job Training=職場内教育)とは、実際の現場を通じて部下の能力を上げる・引き出すための指導法です。自社で遂行する業務に必要なスキルや考え方について、部下に実際の業務を実施してもらう中で適宜指導・育成することを指します。

OJTの方法論を理解することで、その場に合った指導と、部下一人ひとりに合った指導ができるようになります。そして、効果を見ながら業務の配分や指示・命令を調節することができます。また、OJTは上司と部下間のコミュニケーションの機会になる場面が多く、部下を会社の雰囲気や人間関係に馴染ませるという効果も期待できます。

本研修の狙い

企業の成長には新しい人材の継続的な成長が不可欠です。先輩社員がOJTをする際、ただ業務を依頼するのではなく、体系的に「育成する」という意識を持つことが大切です。そのための考え方や取り組み方を理解します。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

新入社員のOJTを請け負うことになる先輩社員

本研修を実施すると

  1. OJTの基本的な考え方と心構えを理解し、組織から求められている役割を認識します
  2. OJTの具体的な進め方と指導方法を学ぶことで、計画的な育成が可能となります
  3. 部下のタイプに合わせた接し方を学び、ケースワークを通じて実践的にスキルを身に付けることができます

研修概要

本研修は、部下育成の基本となるOJTについて、会社にとってのその重要性を認識した上で、部下に対する有効な指導ができるよう考え方と方法論を学んでいきます。

まずは、部下の育成にあたって、上司としてあるべき姿勢を認識してもらい、部下と上司の理想的な関係構築の方法を学びます。その後、実際のOJTの中で具体的に心がけることや、取り入れるべきアプローチを、ワークを交えながら習得し、実務でもアウトプットができるような状態を目指します。

また、タイプ別の部下対処方法を学び、一人ひとりに合わせた指導ができるよう、育成能力の向上を目指します。

3つの特徴

OJTの基本的な考え方と心構えを理解し、組織から求められている役割を認識する

部下の育成がどれだけ会社貢献度の高いことなのかを十分に理解し、指導におけるOJT担当側のマインドセットを行います。

効果的なOJT実現のための知識とスキルが身につけられる

部下の育成にあたっては、対象一人一人の特性を把握しつつ、それぞれに適したアプローチと研修技法を用いる必要があります。具体的なテクニックについて、ワークを交えながら実践できます。

部下のタイプ別対応方法を身に付けることができます

さまざまな世代・背景の人が働く企業では、素直な部下ばかりではなく、自分の考え方や社会の常識が通用しないような部下もいる場合があります。こういった部下に対してパワハラにならないような適切な指導方法を学ぶことができます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. OJTの基礎理解と心構え 【ゴール】OJTの基本的な考え方と心構えを理解する
  • オープニングワーク:現在の課題確認 / OJTとは何か
  • OJTとは何か [OJTを行うメリット/OJT3つのポイント]
  • 【ワーク】OJT担当者として求められている役割
  • OJT担当者の役割理解 [組織の経営方針にあった人材を育成/仕事への責任感/報連相/部下のモチベーション管理]
  • OJT担当者へのメリット
  • 【ワーク】現状のチェックを行う
2. OJT計画書 【ゴール】OJT担当者として必要となる、OJT計画書の作成方法を学ぶ
  • OJT計画書の作成 [OJT計画書の立て方/SMARTな目標設定/OJT計画フォーマット]
  • OJT運用のためのポイント [質問を上手に使う/チェックリストの活用方法]
  • 【ワーク】チェックリストを作成する
3. OJTの進め方 【ゴール】OJTの具体的な進め方と指導方法について学ぶ
  • わかりやすい指示・指導 [部下の現状把握/全体像を明示/具体的な表現で伝える/優先順位が決めやすい指示の出し方/復唱させる]
  • 時間の目安を伝える
  • ToDoリストの作成
  • スケジュール管理 [一人でなんとかしようとしない]
  • 【ワーク】部下に指示をする
  • 報連相とその受け方 [報連相とは/報告の重要性/報告の種類]
  • 【ワーク】中間報告への指示
4. 部下とのコミュニケーション 【ゴール】OJTの中で必要な、部下との円滑なコミュニケーションのポイントを学ぶ
  • OJT担当者から率先して話しかける
  • ショートワーク:部下に対する認識度チェック
  • 部下とのコミュニケーション [必要な心構え/力づけ/褒める]
  • 叱る [同じ目線で叱る/叱るタイミング/行動に対して具体的に叱る/部下自身に気づいてもらう]
  • 【ワーク】人を責めずにコトを指摘する
  • 指導とパワハラの境界線 [パワハラの類型/判断基準]
5. OJTの応用実習 【ゴール】ケーススタディを通して、部下に合わせた応用力を身に付ける
  • 部下のタイプを見極める [5つのモチベーションソース/モチベーションソースを意識したアプローチ]
  • 【ワーク①】モチベーションソースを意識して仕事を依頼する
  • 【ワーク②】モチベーションソースを意識して仕事を依頼する
  • 【ケースワーク①】自分の仕事だけを重視する部下へのアプローチ
  • 【ケースワーク②】指示・指導を理解しない部下へのアプローチ
6. アクションプランの作成 【ゴール】明日から実践できる、具体的な行動計画を立てる
  • 【ワーク】アクションプランの作成

研修参加者からの声

ベンチャー系広告企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

先輩社員向け OJT研修 参加者の声

  • 指導・育成に関する研修は初めての参加でした。社会人経験は長いので、知っていることもありましたが、実践できているかと言うとできていない点もあり、新しい気づきも得ることができ、非常に有意義な時間でした。ありがとうございました。
  • フレームワークがたくさんあって随時考えたり集中して取り組めました
  • はじめてOJT研修を受けたのですが、今後OJTを実施していく上での指標を見つけることができたため、受けてよかったです。
  • とても良かったです。6時間あっという間でした。オンラインなので、グループワークが苦手なわたしにとっては他の人の意見を聞きながら、自分を追い詰めることなく深く考えることのできる時間でした。
  • 一方的な座学だけでなく、適度にワークが組み込まれていて、長時間だったが退屈しない且つ実戦に寄り添った研修だったと感じた。

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

よくあるご質問

先輩社員向け OJT研修はこちらから10秒で見積りを作成することが出来ます。
行っております。先輩社員向け OJT研修ではお客様のご要望や理解度に合わせ、明日から使える研修を実施することを目的としています。
先輩社員向け OJT研修はオンライン研修でも、集合型をメインとして一部オンライン配信でも、ご要望に合わせて研修が実施できます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00

お見積り
お見積り