テーマ別研修

"管理職"の研修検索結果

1/8ページ

店長研修

まとめ

店長研修

店長研修とは、店舗の経営やスタッフを管理する店長のための研修です。 スタッフへの接客指導やコミュニケーションを円滑にするための方法、効率的な数字管理をどのようにするべきか、など 店舗運営を行うために必須となるさまざまな技術を習得できるようなカリキュラムを用意しています。 店舗運営の課題 店長による店舗マネジメントでは以下のような課題が挙げられます。 人材が定着しない アルバイトやパートだけではなく、新入社員などの人材も含め、定着が難しいというのが大きな課題になっています。<span class="textBold colorPink">少子化のため働き手の確保は難しくなっており、採用した人材の継続が求められています。</span> 売上管理が十分でない 店長には売上管理が必ず求められます。数字を確認し、売上向上の施策を立てPDCAを回していくことが求められます。 店長に必要なスキル スタッフとのコミュニケーション <span class="textBold colorPink">人材定着のためにはコミュニケーションの質を上げることが求めれます。</span> コミュニケーションが円滑になることで、接客指導などの人材育成もズムーズに行うことができるため、サービス向上や売上増加にも繋がります。 計数管理 数字の見方、その数字からどのように課題を見つけ出していくかの計数管理能力が求められます。 また課題を発見するだけではなく、<span class="textBold colorPink">それに対して対策を立てられるかどうかが、店長の力量差となって出てきます。</span> 店長研修イメージ https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/31/storemanager-min.png

新任管理職研修

まとめ

新任管理職研修

新任管理職研修とは、管理職になる社員が仕事の全体像を理解し、会社に求められていることを実践できるようになるための研修です。 リスキルでは、<span class="textBold colorPink">新任管理職者のための全体像研修だけではなく、コミュニケーションやチームビルディングなどに特化した研修も提供しています。</span> 新任管理職研修の内容の決め方 新任管理職にはマネジメント全般の知識をつけてもらう以外にも、学んでほしいスキルが多くあります。研修に使える少ない時間で何を選択するべきなのでしょうか。 新任管理職研修の基本的なゴール 企業毎に管理職の役割は様々かと思われますが、基本は下記の2点に集約されるでしょう。 <span class="textBold colorPink">「成果を出すこと」と「人材育成」です。</span> ビジョン・方向性を設定し、計画をたて、実行していくというプロセスを通して成果を創っていきます。必要なスキルとして、<span class="highlight">問題発見、課題解決力、目標管理、ロジカルシンキング、リーダーシップ、チームビルディングなどが挙げられます。</span> 後輩ではなく、正式に部下ができることも大きな環境変化です。自分だけの成果ではなく、人材の育成を通して成果を出すことが重要視されます。部下指導育成、コミュニケーション、面談などが必要なスキルです。 新任管理職研修イメージ② https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/34/manager-new2-min.png どの時期に何を選ぶか 上記の様々なスキルに加え、コンプライアンスやハラスメント、労務管理等の知識を持つことも必要とされており、詰め込みのような研修になってしまいがちです。 <span class="textBold colorPink">一つひとつの研修を効果的にするため、時期に応じたスキルを学ぶのが良いでしょう。</span> ・就任前~就任直後 「管理職への意識改革」 管理職へ求められる役割を学ぶことで意識改革を目指します。リーダーシップやチームビルディングの導入が好まれています。 ・就任後半年 「マネジメント業務の理解」 徐々に管理職らしい業務が増えてきたところで、<span class="highlight">目標管理や課題解決等の基礎を見直します。</span> ・就任1年後 「部下育成方法の見直し」 管理職としての役割がわかり、業務にも慣れてきた時期です。ここでは、自分自身のスキルアップから少し離れ、<span class="highlight">部下を育成するためのコミュニケーションや指導方法・仕事の任せ方について学びます。</span> 新任管理職研修イメージ https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/32/manager-new-min.png すでにマネージャーとして活躍されている方はマネジメント研修 (https://www.recurrent.jp/categories/manager-management)から課題のテーマ別に選択することをおすすめしています。

マネジメント研修

まとめ

マネジメント研修

マネジメント研修とは、プレーヤー兼管理職者としての能力を求められる管理職のための研修です。 効率的かつ効果的な業務の回し方を学習するところから始まり、<span class="textBold colorPink"> チームで連携して成績を上げるための部下の指導方法などを学習することでチームの目標達成や組織力の向上を継続的なものにしていくことを目的としています。</span> マネジメント研修イメージ① https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/36/management-min.png マネジメント研修の目的 マネージャーや管理職などを対象に行われるマネジメント研修ですが、なぜ研修を行う必要があるのでしょうか。 会社の成長のため マネジメント能力を持って、組織やチームを成長させることに寄与できます。<span class="highlight">組織の生産性向上のためのスキル養成やコンプライアンス等の知識をつける機会をつくることが会社全体の成長に大きく関わります。</span> 管理職としての責任を実感するため 人手不足から、マネージャー自らもプレーヤーとして働くことも多くなっています。そのため、日々の業務では、マネージャーという立場の重みをあまり感じていないこともあります。<span class="highlight">管理職としての責任と自覚を持つことで、組織やチーム、部下に対する働きかけをする意識が高まります。</span> マネジメントスキルの習得のため 管理職に部下の育成や方向性の決定など、一般職とは異なるスキルが求められます。経験を通してスキルを磨いていくことも可能ですが、体系的に学び、マネジメント業務に活かすためには、<span class="highlight">スキルを伸ばす時間を確保することが有効です。</span> マネジメント研修イメージ② https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/37/management2-min.png

マネージャー研修

まとめ

マネージャー研修

マネージャー研修とは、リーダーが決めた方針や目標に沿って、チームをまとめ導いていく役割を担う役職のための研修です。 仕事を管理し、部下を育成・評価・指導するにあたり、その効果的な方法を学習することで<span class="highlight">チームの目標達成や組織力の向上を継続的なものにしていくことを目的としています。</span> マネージャー研修イメージ② https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/253/manager-manager2-min.png マネージャーの役割 マネージャーは方針・ゴールに向かって適切な計画を立て、それを実行していくことが求められます。 マネージャーとリーダーの違い <span class="textBold colorPink">「マネジメントは正しく行うことで、リーダーシップは正しいことを行うこと」という表現がわかりやすいでしょう。</span> 簡単に表にまとめると次の通りです。 | マネージャー | リーダー | | ---- | ---- | | ビジョンの実現のために動く<br>的確な行動を取れるように指導する<br>現在と近い将来の利益を見る<br>秩序を目指す<br>リスクを減らす<br>感情よりも理性に訴える<br>など|ビジョンを掲げ全体の方針を示す<br>自ら的確な行動をとる<br>長期の目線を持つ<br>変化(変革)を目指す<br>リスクを負う<br>感情と理性の両方に訴える<br>など| いずれも完全に違う概念ではなく、それぞれがそれぞれを包括しています。リーダーもマネジメントを行いますし、マネージャーにもリーダーシップが必要です。 <span class="textBold colorPink">マネージャー研修の中でもリーダーシップについての確認は近年重要になってきています。</span> マネージャー研修の目的 マネージャーは組織の中で部下やチームの管理・指導などを行い、メンバーがより成果を出せるように導ける力が必要です。それらのスキルを習得、および向上されるためにリスキルでは<span class="textBold colorPink">全般的なマネジメント基礎力の研修に加えて、テーマを絞った研修も用意しています。</span> 具体的にはどのような能力を伸ばすのが良いのでしょうか。 部下育成・指導力 マネージャーが一般職とは大きく異なる点に、「部下の育成や指導・評価を行うこと」があります。 一般職の頃に行っていた後輩へのOJTやアドバイスよりももっと専門的で的確なものが求められています。 <span class="textBold colorPink">日頃から部下の様子を観察したり、コミュニケーションを取ることでモチベーションやストレスを管理する把握・管理することも仕事です。</span> 数字管理能力 会計や経営についての知識を持つことが必要です。会社を数字面から見ることで、意思決定や戦略策定をより効果的に行うことができます。<span class="textBold colorPink"> 自身や直属の部下の売上だけでなく、全体に目を配ることが求められます。</span> マネージャー研修イメージ https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/38/manager-manager-min.png

課長研修

まとめ

課長研修

課長研修とは、課長クラスに求められる施策について深く理解し、多角的な視点からマネジメント業務を見直すための研修です。 <span class="textBold colorPink"> 業務・成果を明確にし、現在の課題や行動への気づきを得ることでチームの活性化・生産性向上に繋げていくことを目的としています。</span> 課長に求められる成果 課長には組織から以下のような期待がされています。 メンバーの力を活かす 課長は管理職として、自らの力だけではなく、メンバーの力を活かして成果をあげることが求められます。<span class="highlight">チームで成果をあげるための知識やスキルを学び、実践で身につけていくことが必要です。</span> その第一歩としてマネジメントとは何かということを認識することが挙げられます。 業務知識、技能、経験を繋ぐ 新任で課長になる方は、マネジメント能力よりもプレーヤーとしての優秀さを認められて昇格しているケースがあります。その理由として、その能力を部下にも身につけさせて欲しいという願いが込められている場合が多いでしょう。 <span class="highlight">部下育成についての意識や能力を高めることで、個人としての能力を組織に還元することができます。</span> 課長イメージ https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/41/secmanager-min.png ※全体像を理解する研修になるため、すでに長年に渡り、マネージャーとして活躍・昇進されている方はマネジメント研修 (https://www.recurrent.jp/categories/manager-management)から課題のテーマ別に選択することをおすすめしています。

検討中の研修内容

お名前
メールアドレス
研修に使える時間の目安
検討中の内容

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)