"管理職"の研修検索結果

1/9ページ

店長研修

まとめ

店長研修

店長研修とは、店舗の経営やスタッフを管理する店長のための研修です。 スタッフへの接客指導やコミュニケーションを円滑にするための方法、効率的な数字管理をどのようにするべきか、など 店舗運営を行うために必須となる様々な技術を習得することを目的としています。 店長に求められる2つのスキル 店長に必要なスキルは、<span class="highlight">数字に基づいた売上管理と、人材定着のためのアプローチ</span>の2点です。店長研修ではそれぞれについて学びます。 数字に基づいた売上管理 店舗運営を成功させるためには、「経験による感覚」ではなく「数字」で物事を捉え、問題解決を行っていく必要があります。 数字の見方、その数字からどのように課題を見つけ出していくかの計数管理能力が求められるということです。 <span class="textBold colorPink">店長研修内では、売上を継続的に上げていくための数字の見方や、コストの削減方法、数字の管理方法について学びます</span>。 人材定着のためのアプローチ 店舗を上手く運営していくためには、支えてもらうスタッフに気持ちよく働いてもらうことが理想です。 そのために、<span class="textBold colorPink">店長としてできるアプローチ方法や、適切なコミュニケーション方法・関わり方について理解を深めます</span>。 特に、コミュニケーションについては改めて学ぶ場を設けることで、接客指導などの人材育成もズムーズに行うことができ、サービス向上や売上増加が期待できます。研修内で身に付け、明日から実践していきたい内容です。 店長研修の効果 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/31/storemanager-min.png

新任管理職研修

まとめ

新任管理職研修

新任管理職研修とは、新しく管理職になる方・着任して間もない方向けの研修です。部署やチームのリーダーとして求められるスキルを磨いていきます。 研修を行う目的 会社から求められている役割を理解した上で、部署やチームをマネジメントしながら成果を上げていくことが目的となっています。 リスキルでは、<span class="highlight">「新任管理職者のための全体像研修」「コミュニケーション」「チームビルディング」「誰もが働きやすい職場環境作り」</span>など、管理職に必要なスキルを網羅的に学ぶことができます。 研修で学ぶ内容 企業毎に管理職の役割は様々かと思われますが、基本は下記の2点に集約されます。 <span class="textBold colorPink">「成果を出すこと」と「人材育成」です。</span> <p>リスキルの新任管理職研修では、この2つを理解してもらえるような研修内容をご用意しています。</p> 成果を出すために 管理していくチームや部署におけるビジョンや目的・方向性を設定し、計画をたて、部下に対して実行を促します。 実行している最中にも適切な進捗確認を行い、向かっている方向性が正しいかを確認します。 新任管理職研修内では、<span class="textBold colorPink">問題発見、課題解決力、目標管理、ロジカルシンキング、リーダーシップ、チームビルディング</span>などのスキルを学んでいきます。 人材育成をするために 人材育成をすることも、新任管理職として重要な役割です。自分だけの成果ではなく、チーム全体の育成を通して成果を出すことが必要です。 新任管理職研修内では、<span class="textBold colorPink">リーダーシップ、部下指導育成、コミュニケーション、面談</span>などを扱い、スキルや考え方を身に付けていきます。 <br /> 新任管理職の役割 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/34/manager-new2-min.png <br /> おすすめの実施時期と研修内容 新任管理職研修は、他の階層別研修(新人、若手、中堅)などと比べても扱うテーマが多いことが特徴です。 しかし、全てを1度に学ぼうとすると、詰め込みのような研修になり、受ける側としてもスキルや考え方が定着しづらくなります。 そのため、<span class="textBold colorPink">そのため、管理職の経験や段階、企業様側が求めるニーズ・目的に応じて研修を選択することが効果的です。</span> | 実施時期 | 詳細説明とおすすめの研修内容 | | - | - | - | | 就任前~就任直後<br>「管理職への意識改革」             | 管理職へ求められる役割を学ぶことで意識改革を目指します。リーダーシップやチームビルディングの導入が好まれています。<br>おすすめの研修:<a href="新任管理職研修 基礎編">新任管理職研修 基礎編</a> | | 就任後半年<br>「マネジメント業務の理解」 | 徐々に管理職らしい業務が増えてきた段階では、目標管理や課題解決等の基礎を見直せる研修内容がおすすめです。よくある事例を交えて実践的に学びます。<br>おすすめの研修:<a href="https://www.recurrent.jp/listings/manager-upperlevel-newmanager">新任管理職向け 部下の成果向上研修</a> | | 就任1年後<br>「部下育成方法の見直し」 | 管理職としての役割がわかり、業務にも慣れてきた時期です。ここでは自身のスキルアップから少し離れ、部下を育成するためのコミュニケーションや指導方法・仕事の任せ方について学びます。<br>おすすめの研修: <a href="https://www.recurrent.jp/listings/manager-upperlevel-leadership">新任管理職向け研修 リーダーシップ編</a> | 段階別の管理職に求められるスキル https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/32/manager-new-min.png リスキルの管理職研修では、これらを網羅的に学ぶものや、一つのテーマに特化して学ぶものなどをご用意しております。なお、すでにマネージャーとして活躍されている方は、「マネジメント研修」から、課題のテーマ別に選択することをおすすめしています。 | <a href="https://www.recurrent.jp/categories/manager-management ">マネジメント研修</a> | | ---------------- | <br />

マネジメント研修

まとめ

マネジメント研修

マネジメント研修とは、プレーヤー兼管理職者としての能力を求められる管理職のための研修です。 チームで連携して成績を上げるための指導方法、業務マネジメントを理解することで、チームの目標達成や組織力を高める研修内容です。 マネジメント研修の概要 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/36/management-min.png 研修の目的 マネジメント研修の目的は以下の通りです。 管理職としてのマインドセットをするため <span class="highlight">マネジメント研修を通して、管理職としての役割を理解し、マインドセットするためです。</span> 人手不足から、マネージャー自らもプレーヤーとして働くことも多いため、マネジメントする立場の重みをあまり感じていない場合があります。研修という場にて組織や企業から求められている役割を理解し、適切なマネジメントをすることで企業に貢献する重要性を理解していきます。 会社の成長のため 適切なマネジメントスキルを身に付けることで、<span class="highlight">チームで大きな成果を挙げることが可能となります</span>。 マネージャーや管理職一人での成果も重要ですが、企業や組織から求められているのは「チーム全体で大きな成果を上げること」です。 <span class="textBold colorPink">マネジメントを通して今後の会社を支えるメンバーを育成し、会社の成長に貢献する仕事の一つ</span>、ということ研修内でも学んでいきます。 我流のマネジメントや育成方法を見直すため 管理職やマネージャー全員が、マネジメント研修やセミナーなどを受けた上でチームを率いている場合ばかりではありません。そのため、マネジメントや部下育成に関するスキルが自己流になってしまい、現代社会のビジネスパーソンに沿った対応ができていない場合もあります。 マネジメント研修を通して<span class="highlight">「現状の自身を客観視する」「足りないもしくは強化すべきスキルを洗い出す」「考え方の偏りや思い込みをリセットする」などの効果が期待できます</span>。 もちろん、個人で学び磨いた自己流のマネジメントが悪いということではありません。現状その方法で上手くいっている場合でも、忙しい日常から少し離れた研修の場で一旦自身を客観視することは、今後の良きマネジメントにも活きる時間となります。マネジメント経験が多い方に対してもおすすめできる研修です。 誰もが働きやすい職場づくりのため 適切なマネジメントができているチームは風通しが良く、トラブルやリスクを早期発見し影響を未然に押さえることが可能です。また、チーム力も強いため全員で一つの目標を達成していく力を持ちます。 マネジメント研修を通して、上手くマネジメントするスキルを磨き、チームメンバー一人ひとりが働きやすい環境を作ることに繋げることができます。

マネージャー研修

まとめ

マネージャー研修

マネージャーとは何か マネージャーとは、言葉の通り<span class="textBold colorPink">チームや部署をマネジメントする立場のこと</span>を指します。 具体的には、<span class="highlight">企業が描くビジョンや方向性を把握した上で、それに沿ったチーム運営や部下のサポートをしていきます</span>。 仕事を管理し、部下を育成・評価・指導するにあたり、その効果的な方法を学習することで、チームの目標達成や組織力の向上を継続的なものにしていくことができます。 マネージャー研修の目的 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/253/manager-manager2-min.png マネージャーとリーダーの違い <span class="textBold colorPink">「マネジメントは正しく行うことで、リーダーシップは正しいことを行うこと」です。</span> ・ リーダー  : メンバーを先導する役割として、現場に近いポジションで実行を促す ・ マネージャー: 組織や部署を管理する役割として、経営に近いポジションで上手く運用できるように働きかける< | マネージャー | リーダー | | - | - | | <span class="textBold colorPink">組織を管理する役割(経営に近いボジション)</span> | <span class="textBold colorPink">メンバーを先導する役割(現場に近いポジション)</span> | | ビジョンの実現のために動く | ビジョンを掲げ全体の方針を示す | | 的確な行動を取れるように指導する | 自ら的確な行動をとる | | 現在と近い将来の利益を見る | 長期の目線を持つ | マネージャーには、より広く高い視野で部署やチームを見て、上手く運用していくことが求められます。 マネージャー研修の目的 マネージャーは組織の中で部下やチームの管理・指導などを行い、メンバーがより成果を出せるように導く力が必要です。 リスキルでは全般的なマネジメント基礎力の研修に加えて、テーマを絞った研修も用意しています。具体的には以下の通りです。 部下育成・指導力 マネージャーが一般職とは大きく異なる点に、「部下の育成や指導・評価を行うこと」があります。 日頃から部下の様子を観察したり、コミュニケーションを取ることでモチベーションやストレスを把握・管理することも仕事です。 研修内では、具体的な評価方法をはじめ、部下育成や指導に関するスキルも強化する内容が含まれています。 数字管理能力 会計や経営についての知識を持つことが必要です。会社を数字面から見ることで、意思決定や戦略策定をより効果的に行うことができます。 <span class="textBold colorPink"> 自身や直属の部下の売上だけでなく、全体に目を配るために必要なスキルを身に付けることができます。</span> マネージャーに必要なスキル https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/38/manager-manager-min.png

課長研修

まとめ

課長研修

課長研修とは、課長クラスに求められる施策について深く理解し、多角的な視点からマネジメント業務を見直すための研修です。 <span class="textBold colorPink"> 業務・成果を明確にし、現在の課題や行動への気づきを得ることでチームの活性化・生産性向上に繋げていくことを目的としています。</span> 課長に求められる成果 課長は部長に次ぐ管理職位であり、部下である係長や社員の指導や育成、現場改善など、課全体のマネジメントを担う役職です。課長には組織から以下のような期待がされています。 メンバーの力を活かす 課長は管理職として、自らの力だけではなく、メンバーの力を活かして成果をあげることが求められます。<span class="highlight">チームで成果をあげるための知識やスキルを学び、実践で身につけていくことが必要です。</span> その第一歩としてマネジメントとは何かということを認識することが挙げられます。 業務知識、技能、経験を繋ぐ 新任で課長になる方は、マネジメント能力よりもプレーヤーとしての優秀さを認められて昇格しているケースがあります。その理由として、その能力を部下にも身につけさせて欲しいという願いが込められている場合が多いでしょう。 <span class="highlight">部下育成についての意識や能力を高めることで、個人としての能力を組織に還元することができます。</span> 課長に求められる成果 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/41/secmanager-min.png ※全体像を理解する研修になるため、すでに長年に渡り、マネージャーとして活躍・昇進されている方はマネジメント研修 (https://www.recurrent.jp/categories/manager-management)から課題のテーマ別に選択することをおすすめしています。

労務管理研修

まとめ

労務管理研修

労務管理とは何か <span class="textBold colorPink">労務管理とは、労働に関することを管理する仕事</span>を指します。 雇用、育成、評価、賃金や労働時間の管理といった、企業が従業員に行う全ての管理業務の総称です。組織を支える「人」に関わる管理をはじめ、法律や制度の正しい知識を習得することを目的としています。 なぜ労務管理を学ぶ必要があるか 主に、チームや部署をマネジメントする立場(管理監督者)が労務管理を行っていきます。その立場の方が労務管理を正しく学ばなければならない理由は以下の通りです。(管理監督者=管理職でない場合や企業もありますが、説明をわかりやすくするため「管理職」と表現する場合があります) 安全配慮義務があるため 管理職(管理監督者)が労務管理について理解しておくべき理由として、安全配慮義務が上げられます。 <span class="highlight">安全配慮義務とは、従業員が安全で健康に働けるように配慮することです</span>。労働契約法上で以下のように定められています。 | 労働契約法 第 5 条(労働者の安全への配慮) 条文 | | - | | 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。 | 管理職やマネジメントする立場の方が、労働基準法上の「管理監督者」となった場合、事業主と同じ「使用者」に該当します。そのため、<span class="textBold colorPink">法律に違反した対応は罰則を受ける対象となります</span>。 「使用者」として、部下に対して安全配慮義務があることを理解し、労務管理やそれに関連する法律・制度を正しく理解し、必要なサポートをすることが必要です。 良いマネジメント・誰もが働きやすい環境づくりのため もう一つの理由として、良いマネジメントや環境作りをするためということが挙げられます。 労務管理が適切にされていない部署やチームでは、誤った判断がされていたり、残業が多い・適切な休みが取れないなどの課題が発生してしまいます。 <span class="highlight">誰もが働きやすい職場を作っていくためにも、正しい労務管理への理解が必要です</span>。 労務管理研修で学べること 労務管理研修では、次のような労務管理の基本をポイントをおさえて学ぶことができます。 ・社内の労務管理における現状を把握する ・労務管理とは何かを正しく理科いする ・ <span class="textBold colorPink">知っておくべき法律の一つである「労働法」を理解する</span> | 労働法の一覧 | | - | | 労働基準法、労働契約法、労働安全衛生法、男女雇用機会均等法、労働者派遣法、高齢者雇用安定法、障害者雇用促進法、パートタイム労働法、育児・介護休業など | 具体的には… ・法定労働時間と所定労働時間 ・賃金、休憩・休日/有給休暇の定義と考え方 ・休業(産前産後・育児・介護)など 雇用・賃金・労働時間・休日・安全衛生等を中心に、労務管理の実行者としての基本を学びます。

検討中の研修内容

お名前
メールアドレス
研修に使える時間の目安
検討中の内容

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)