会社情報 お問い合わせ 新規登録 ログイン 資料を請求

【1日で理解する】Linuxサーバー運用研修

Linuxサーバーの運用に必要なシステムの運用状況の確認方法を身につける

本研修では、Linuxサーバーの運用業務に携わる方を対象に、Linuxサーバー運用のために知っておくべき前提となる知識からシステムの運用状況の確認方法まで、Linuxサーバーを滞りなく運用していくために必要な内容を短期間で習得します。

研修コード:100220

Linuxサーバー運用研修とは?

Linuxサーバー運用研修とは、Linuxサーバー運用時に必要なシステムの運用状況を確認する方法を習得する研修です。

Linuxサーバーの運用業務は、Linux及びLinux上で動作している各種サービスが正常に稼働しているかを確認し、トラブルが起こらないようにすることです。これを実現するには、運用管理者として知っておくべき知識をベースに、刻々と変化するシステムの状況を把握するためシステムの運用状況を確認する方法、さらにはデータのバックアップに関する知識も必要になります。

関連研修情報

当ページの研修は講師派遣型研修です。その他の研修や関連研修は下記より確認ください。

公開型研修

  • 現在予定されている公開型研修はありません

本研修の狙い

Linuxサーバーの運用に携わる方を対象に、運用に必要な基礎知識からシステムの運用状況を確認する方法までを習得します。

本研修の対象

Linuxサーバーの運用業務に携わる方

研修概要

本研修では、Linuxサーバーの運用に必要な技術や知識を学びます。研修後には、システムの運用状況を確認するコマンドを使い、システムの状態を把握できることを目標にしています。

まず運用管理者として知っておくべき基本的な知識に触れた後、システムの状況を把握するためにCPUやメモリといったシステムリソースの利用状況を確認するコマンドとその実行結果の意味について学習します。最後に、運用業務では必須であるデータのバックアップの必要性や種類、バックアップやリストアのコマンドについても習得します。

本研修は、これからLinuxサーバーの運用業務に携わるエンジニアの方に最適です。

本研修を実施すると

  1. Linuxサーバー運用の際に必要となる基本的な知識を習得します
  2. システムの運用状況を確認するコマンドの使い方とその結果の意味が分かります
  3. バックアップの必要性と種類、バックアップ・リストアのコマンドの使い方を理解します

3つの特徴

Linuxサーバーを運用する際の前提となる知識を習得する

Linuxサーバーを実際に運用する前に知っておいたほうがよい知識があります。この研修では、4つの前提となる知識を取り上げます。

システムの運用状況を確認するコマンドとその実行結果の意味が分かる

Linuxサーバーを滞りなく運用するためには、刻々と変化するシステムの状況を把握する必要があります。この研修では、システムの運用状況を確認するためのコマンドとその結果の意味を解説します。

バックアップの必要性と種類、バックアップ・リストアのコマンドの使い方を理解する

システムの稼働状況が確認できても、削除されたファイルを元に戻すことはできません。そこで必要になるのがバックアップです。この研修では、バックアップの種類や具体的なコマンドを学習します。

想定時間

7時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. システムログ 【ゴール】システムログの仕組みとログファイルの種類を理解する
  • システムログとは
  • システムログの設定
  • ログのセレクタ
  • ログのアクション
  • ログファイルの種類
2. ジョブスケジューリング 【ゴール】2種類のジョブスケジューリングの設定方法を習得する
  • ジョブスケジューリングとは
  • cronによるジョブの定期実行
  • crontabコマンド
  • atによるジョブの予約
  • atコマンド
3. 時刻の同期 【ゴール】システムクロックを正確に保つ方法を習得する
  • 時刻の重要性
  • NTPサーバ
  • ntpdateコマンド
  • ntpd
4. オンラインマニュアル 【ゴール】オンライマニュアルの使い方を習得する
  • オンラインマニュアルとは
  • オンラインマニュアルの利用
  • オンライマニュアルの構成
  • 関連コマンド
5. システムの運用状況の確認 【ゴール】システムリソースの利用状況を確認する方法を習得する
  • CPU負荷の確認
  • メモリ使用の確認
  • リアルタイムの監視
  • ディスクの利用状況の確認
6. バックアップ 【ゴール】バックアップの種類と方法を理解する
  • バックアップの必要性
  • バックアップの対象
  • バックアップの種類
  • XFSでのバックアップとリストア

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

278,000 円 (7時間研修時)
運営費 3,000円(6名までは基本料のみ / 以降1名あたり)

参考: 10名の場合 290,000円 / 20名の場合 320,000円 / 30名の場合 350,000円

※人数は研修実施の二週間前まで変更可能ですので、現在の想定人数でお申し込みいただけます。

見積りを作成(所要時間10秒)

参加者の必須条件

Linuxの基本操作ができること

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

見積もりを作成する

送信先アドレス
会社名
名前
電話番号
研修人数の想定
名 / 実施二週間前まで変更可能
研修時間の想定
時間 / 通常時間からアレンジ可能
お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ