テーマ別研修
あったんです。リスキル。カタログ請求

アクティブリスニング

アクティブリスニングとは、話している相手の言葉の中にある気持ちや考えを理解し、その本質を明確にすることで、問題解決に導く聴き方のことです。積極的傾聴ともいわれています。

アクティブリスニングのメリット

アクティブリスニングは電話応対はもちろん、マネジメントにも応用できます。

・話し手の情報を十分に収集することができる
・話し手の言葉の中にある本質を理解できるようになる
・対応してほしい内容の優先順位をつけることができる
・話し手のストレスを和らげる効果がある(人は吐き出すと楽になる)
・会話の主導権を握ることができる。特に話が長くなりがちな相手のときには重要である

アクティブリスニングは、上司から部下へのコミュニケーション手段としても活用できます。良好な人間関係を築くことで、迅速な問題解決や生産性向上を実現します。

アクティブリスニングの基本的な姿勢

相手の話を聴く時は、納得できない点を否認したり、何でも是認したりする態度は避けなければなりません。

また、ただ一方的に聴いているだけでは、必要な情報を得らえないだけでなく、真剣に話を聴いていないと判断されることがあります。

無条件の肯定的配慮

話し手の伝えていることや考えていることに対して評価を下さず、ありのままを受容しようとする姿勢のことです。

まずは相手を評価したり否定したりせずに受け入れます。

共感的理解

話し手の立場に立って、相手と同じ目線で物事を理解しようとする姿勢のことです。

共感されてはじめて人は相手を信頼するようになります。

自己一致

自分自身を飾って見せたりしないようにする姿勢のことです。

アクティブリスニングの目指すところは、あくまでも「最終的には、話し手と聞き手が“お互いに”納得してコミュニケーションを終える」ことです。わからないことはわからないと伝え、お互いの認識を一致させます。

アクティブリスニングを取り入れることで、社内や取引先などとのコミュニケーションの活性化が期待できます。

円滑な人間関係を築くためにも、アクティブリスニングは必須のコミュニケーションスキルといえるでしょう。

関連用語

関連する研修カテゴリー

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)