テーマ別研修

5S

5S

5Sとは、職場環境を清潔にし、その状態を維持していくための活動です。整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seisou)、清潔(Seiketu)、躾(Situke)の頭文字のSをとって5Sといわれています。

ただし、5Sは単に清掃のことを指しているわけではありません。5Sは、職場環境を改善することで生産性向上に貢献する重要な活動なのです。

5Sの定義

5Sは主に製造業やサービス業、医療などの現場で活用されている職場環境改善のための考え方です。
5つのSには以下の定義があります。

整理(Seiri):必要なものと不要なものを分け、不要なものを捨てる
整頓(Seiton):必要なものは決められた場所に置き、すぐに取り出せるようにする
清掃(Seisou):職場全体および身の回りを清掃する
清潔(Seiketu):整理・整頓・清掃を継続し、清潔な状態を維持する
躾(Situke):職場のルールを守り、習慣にする

5Sの効果

5Sは、利益に貢献する直接的な活動ではありません。

しかし、整理整頓された清潔な職場であれば、空間や時間、ミスといった業務における小さな無駄が減少し、作業効率が上がるといわれています。つまり、QDC(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)が向上し、安全性を確保できるようになるのです。

5Sを実践するために

5Sの目的は従業員に共有しましょう。

5Sの意味が理解されないと、従業員はただ負担を感じるだけになってしまいます。また、整理するカテゴリには「モノ」だけでなく、工程の必要・不要を分けることも大切です。

5Sは、まず不要なものがないかどうかを見直し、整頓→清掃…と進んでいくと、効果的に改善していくことができます。

関連用語

関連する研修カテゴリー

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)