"キャリア"の研修検索結果

1/3ページ

キャリアデザイン研修

まとめ

キャリアデザイン研修

キャリアデザイン研修は、自身の人生で多くの時間を占める仕事に対して、どのような道筋で進んでいきたいのかを考える機会となることが目的の研修内容です。 キャリアとは何か キャリアとは、狭義には、職業、職歴、職業能力を意味します。 広義には、自分が何をしてきたのか何ができるのかなど、自分が通ってきた道を振り返り、立ち止まった現在から未来へと続く道について考えることを指しています キャリアデザインとは何か キャリアデザインとは、「あなたがどのような人生を送りたいか」を、具体的な目標と共に計画を立てることです。 特に、人生において大きな時間を占める、仕事に対して考えていくことが必要です。社員一人ひとりが自らの人生においてどんな「経歴」「経験」「スキル」を得たいのか、自分にとって理想的な働き方は何かをイメージして考えていきます。 キャリアデザイン研修の目的 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/570/career.png キャリアデザインを学ぶ目的(ゴール)と効果 ビジネスシーンで働く社員がキャリアデザインを学ぶ理由(目的)は大きく以下2つに分けられます。 VUCA(不安定・不確実・複雑・曖昧)時代の到来 一つ目は、VUCAの時代で生き残り長くビジネスシーンで活躍するために必要という理由です。 VUCA(ブーカ) とは、あらゆるものを取り巻く環境が変化し、今後の予測が困難になっている状況を示す言葉です。社会の変化が激しい状況の中で企業や組織が存続していくためには、変化に対応していくことが必要です。 そのためには、社員一人ひとりが「自身が求められている役割は何か」を考え、主体的に行動することで成果を上げていく必要があります。 キャリアデザインをしていくことで、以下が明確になり「企業に貢献できる人物」を育成することが可能となります。そうすることで目的を持って働く人材を育てることができるのです。 企業から自身に対して何が求められているかがわかる 求められる役割を果たすために必要なスキルは十分に備わっているのかが把握できる スキルを伸ばすために必要な行動や磨くべきスキルがわかる 人生 100 年時代の到来 二つ目の理由は、寿命が長くなることによって人生がマルチステージ化し、形のない資産(知識・人脈・健康)が重要視されるようになったためです。 人生 100 年時代とは、寿命が 100 歳前後まで今後伸びていくにあたり、国・組織・個人が生き方について考えや仕組みを見直さなければならないという意味で使われる言葉です。 今後、人生が 100 年を超えることが当たり前になり、「教育」「仕事」「引退」というステージではなくなるとされています。 マルチステージの人生では、財産や貯蓄などの有形資産に加えて、無形資産と言われる「知識・人脈・健康」が必要になります。 より自由度が増す反面、働き続けるために何度も社員自身が自分のスキルを磨き、学びなおす必要があるのです。 キャリアデザイン 人生100年時代 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/571/100year_life_era.png    研修を実施する際の全体像 キャリアデザイン研修を企業や組織で実施する場合、以下の流れで進めていくことが推奨されます。 リスキルのキャリアデザイン研修では、企業様側のニーズや研修内で扱ってほしいことなどをヒアリングした上で、実施することができます。 キャリアデザイン研修を成功させる方法 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/672/career.jpg 受講対象者を決める キャリアデザイン研修は、階層別に分けて実施することが効果的です。なぜなら若手社員とミドル・シニア層において「キャリアに関する悩み」が全くことなるためです。研修を実施する担当者は「今回の研修は誰を対象として行うのか」を初めに考えます。 どの対象者を優先して受けてもらう必要があるかは、社員側にアンケートを取ることや管理職からのヒアリングをするなど「現場の声を聴く」ことで分かることがほとんどです。 研修を受けた後、受講生にどうなってほしいかを決める 研修の目的は上記で確認した通りですが、「受けた後、対象の受講生がどのような状態になっていることがのぞましいか」を明確に定めることで、研修内で扱うテーマは変わってきます。効果を出やすくするためにも、研修実施側がここを明確にしておく必要があります。 研修内で扱うプログラムを考える 社内で行う場合は、どのような内容を行うかを決め、扱うスライドやテキストの作成をしていきます。 リスキルをはじめとする外部研修会社を使う場合は、上記の受講対象者と研修後の受講生像を伝えた上で、どのような内容を組み込んでいくか一緒に考えていくことが必要です。 キャリア研修の作り方や、その他の解決法についてはリスキルラボにてコラムを掲載しています。ぜひ御覧ください。 キャリアデザインとは【従業員の活躍推進のためのキャリア構築とは】 「VUCA」とは?具体例で分かる、VUCA時代に求められるスキルとは?【キャリアデザインを学ぶ重要性】

キャリア研修

まとめ

キャリア研修

キャリア研修とは、自分のキャリアを考えることを目的とした研修です。 リスキルのキャリア研修では、人それぞれのキャリア(=人生)の中でも「職業人生」をメインに扱っていきます。 キャリア研修とは https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/733/career.jpg 自分の強みだけでなく、価値観も明確にしたうえで将来の目標を設定します。 自己分析やWill・Can・Mustのフレームワークの活用した上で、どのようなスキルを磨き、どのようなキャリアを歩むのかを具体的に考えることで、自己成長を促す効果が期待できる研修内容です。    キャリアとは何か キャリアとは、狭義には、職業、職歴、職業能力を意味します。 広義には、自分が何をしてきたのか何ができるのかなど、自分が通ってきた道を振り返り、立ち止まった現在から未来へと続く道について考えることを指しています。参考:厚生労働省『キャリア形成を支援する労働市場政策研究会』報告書 キャリアを考える際、キャリアデザインというキーワードもあります。キャリアデザインとは、「あなたがどのような人生を送りたいか」を、具体的な目標と共に計画を立てることです。 リスキルのキャリア研修では、今までの自身を振り返った上で、今後のキャリアデザインを組み立てていく内容を用意しています。 キャリア研修で扱う3つの項目 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/236/career-min.png    なぜ企業内でキャリアについて扱う必要があるか(目的) キャリア研修を企業として扱う目的は以下の通りです。 VUCA(不安定・不確実・複雑・曖昧)時代の到来 一つ目は、VUCAの時代で生き残り長くビジネスシーンで活躍する社員を育成するためです。 VUCA(ブーカ) とは、あらゆるものを取り巻く環境が変化し、今後の予測が困難になっている状況を示す言葉です。社会の変化が激しい状況の中で企業や組織が存続していくためには、社員一人ひとりが「自身が求められている役割は何か」を考え、主体的に行動することで成果を上げていく必要があります。 人生 100 年時代の到来 二つ目は、寿命が長くなることによって人生がマルチステージ化し、形のない資産(知識・人脈・健康)が重要視されるようになったためです。 人生 100 年時代とは、寿命が 100 歳前後まで今後伸びていくにあたり、国・組織・個人が生き方について考えや仕組みを見直さなければならないという意味で使われる言葉です。 厚生労働省からも、副業・兼業に関するガイドラインなどが出ており、マルチステージでの活躍のために今からすべきことについて、環境を整えている状況でもあります。 マルチステージの人生で活躍するためには退職の時期も伸びているため、財産や貯蓄などの有形資産に加えて、無形資産と言われる「知識・人脈・健康」が必要になります。そのために大学で学びなおすなども求められていくのです。より自由度が増す反面、働き続けるために何度も社員自身が自分のスキルを磨き、学びなおす必要があります。    階層や年代によって抱える悩みは異なる 階層や年代別により、キャリアへの不安は異なります。そのため、キャリア研修としてもその層・年代に合わせた研修プログラムを実施することが、目的にあっているため効果的です。具体的には以下4つのキャリア期があるとされています。(他の分け方もありますが、リスキルの研修ではこちらを採用しています) 4つのキャリア期 https://recurrent-tools.s3.amazonaws.com/uploads/media_image/image/483/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C.jpg 導入期(新入社員~20代前半向け) 新人~若手社員まで、新しいスキルや考え方を習得する時期です。与えられた仕事をこなし、試行錯誤をすることを通してスキルや勘の鍛え方、人との関わり方を学びます。成功体験が直接仕事へのやりがいに繋がりやすい時期です。 一方で、入社前にイメージしていたものとのギャップに衝撃を受ける、いわゆる「リアリティショック」というものが発生しやすい時期でもあります。特に新入社員はこれまでにキャリアについて考えることはあまりなかった方が多く(キャリアセンターなどを活用している程度の場合が多い)適切なフォローが必要です。 管理職などキャリアをサポートする立場の方は、チームに新入社員や若手社員が馴染めるようにサポートしつつ、日頃の声がけ・コミュニケーションや定期的な面談を実施していくことが求められます。 成人前期(20代後半~30代向け) 自身の仕事は一人でこなせるようになっており、成果が上がることでやりがいを感じ始める時期です。自身の強みを企業内で活かしていくにはどうすればよいかなど、今後のキャリア形成の方向性を模索している状況でもあります。 この時期にキャリア研修を実施することで、現状の漠然とした不安を払拭し「今後この企業で活躍していくためには、どういう方向で進めばよいか」が明確になります。モチベーションの維持・向上にも効果的です。 成人後期(40代~50代向け) 40代~50代のビジネスパーソンは、これまでやってきたことが専門スキルとして確立しているため、自身の強みを理解した上で安定的に発揮し、組織にとってプラスになる働き方ができるようになります。一方で、キャリアの停滞(キャリアプラトー)が起こり、スキル向上やモチベーションの維持が難しくなる時期でもあります。 成人前期と同じく、本人にはキャリア研修を受講してもらいます。その上で、管理職などマネジメントする立場の方から「育成」や「新たなプロジェクトのリーダー」など、新しい役割に立ってもらうことを促すことも効果的です。組織内の繋がりで活躍の場を与えることによって、仕事へのやりがいを感じてもらいやすくなります。 また、40代~50代のビジネスパーソンには、「今までの自身のスキルを部下に教える・残す」ということも役割として求められます。キャリア研修と合わせてナレッジマネジメント研修や、管理職向け 部下のキャリア形成支援研修についても実施する企業様もいらっしゃいます。 シニア社員(60代~向け) 企業における存在意義が見つけられず、モチベーションが低下する場合や、年下の上司に従わなければならないなど支援が必要となる時期です。 シニア層向けの研修を実施し、これまでのスキルやできることを見つめ直した上で「今の職場で活かしていくためにはどうすれば良いか」を考えてもらいます。 支援する立場の管理職などは、年上の部下を扱うことになりますのでスキルや考え方を理解した上で、ノウハウを活かしチームの支援をしてもらえるように促すことが良いでしょう。

検討中の研修内容

お名前
メールアドレス
研修に使える時間の目安
検討中の内容

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)