テーマ別研修

リスキリングラボ 【教育担当者向け】社員研修の目的と達成するためのポイントを解説

若手研修

多くの企業では社員研修が実施されている。しかし企業の中には目的を設定せず、研修を行うケースもある。この状態で研修を実施してしまうと成果が出ずに、時間とコストの無駄になってしまう。それを回避するには明確な目的を設定し、その目的に向かって研修を実行する力が重要となる。

そこで今回は社員研修の目的を紹介しつつ、目的を達成するためのポイントを解説する。

社員研修とは

社員研修とは、社員に対して実施する研修のことだ。新入社員向けの研修もあれば、中堅社員・管理者・経営陣向けの研修もある。

ちなみに社員研修を実施するときは準備から運営まで、全て社内で完結するケースもあれば、外注先に任せることもある。またカリキュラムを決める部分のみを委託するというように、一部分のみを外注することある。

社員研修の目的

社員研修には様々な目的がある。ここでは代表的な目的を5つ紹介する。

1.社員のスキルアップを促す

社員のスキルアップを促し、活躍する場を増やしたり、より成果をあげたりすることができるようになることが目的だ。社員のスキルアップは結果として、会社の業績アップにつながる。

2.社内のことを知ってもらう

社員研修には、社内のことを色々と知ってもらう目的もある。社内での働き方やルール、文化・伝統などを認識できれば、職場に合った立ち振る舞い方ができる。

3.新たな気付きを得てもらう

新たな気付きを得れば参加者は自問自答する機会が増えるため、自分について考える時間も増える。そのため「今まで〇〇だったから、今後は××をしよう」「研修で△△のスキルを得たから、◇◇の場面で活かそう」など、様々なことをイメージするだろう。結果、自分で考えて行動するスキルを身につけてもらうのに役立つはずだ。

4.社内でのトラブルを防止する

社員研修によっては、コンプライアンスや社内で行ってはいけないことなどを教わることもある。つまり社内でトラブルを起こさないための目的にもなっているのだ。

5.学生気分をなくしてもらう

新入社員向け研修の場合、参加者の大半は学生から社会人になる方ばかりだ。よって学生気分をなくし、社会人としての自覚を持ってもらうのも目的となっている。学生気分のまま業務に取り組んでいると、社内に迷惑をかけてしまう可能性がある。


社員研修の目的を達成するには目標を立てることが大事

ここでの目標とは、目的を達成するためにやるべきことを表している。目標を設定しなければ目的を達成するのは難しい。しかし、目標の立て方が分からない方もいると思う。ここでは目標の立て方を4つ紹介する。

1.具体的で可視化できる目標を設定する

誰もが可視化できる目標を設定することが大切だ。たとえば「従業員のモチベーションを上げる」という内容だと、数値が入っておらず可視化できないため、進捗状況が分かりにくい。一方「売上を前月比20%アップさせる」であれば数値が入っており可視化できるため、進捗状況は分かりやすい。進捗状況が分かれば次の行動を決めやすくなる。

「売上を前月比20%アップさせる」という目標であれば、進捗状況に応じて「新規営業を増やす」「既存の顧客に別の商品を売り出す」といった形で、戦略を考えやすくなる。

2.達成しやすい目標を立てる

従業員のモチベーションを下げないよう、達成しやすい目標を立てるのも大切だ。難易度が高すぎる内容だと社員のやる気を下げてしまい、業務に支障をきたす恐れがある。その状況を防ぐ意味でも、従業員が達成可能だと思える目標を立てるべきだ。

そのような目標を立てるには、運営側の状況を正確に把握しておかなければならない。自分たちの状況が分かっていないと、難易度が高い目標を立ててしまい失敗に終わる。

3.期限を設定する

期限を設定すると、目標を達成しようとする気持ちが生まれやすくなるため、忘れてはならない。期限を設けずに目標を設定すると日々の業務に追われてしまい、期限を伸ばし、結果として達成をすることが難しくなる。

4.目標に優先順位を付ける

複数の目標を設定する場合は、優先順位を付けるといい。優先順位をつけなかった場合、複数の目標を達成しようと様々なことが中途半端に進んでしまう可能性がある。

その状況を回避する意味でも優先順位をつけて、現段階でどの目標を達成すべきか考えながら行動するのがいい。


社員研修の目的を達成するためのポイント

社員研修の目的を達成するには、目標設定さえできていればいいわけではない。その他にも抑えるべきポイントは複数存在する。ここでは、社員研修の目的を果たすためのポイントを5つ紹介する。

1.研修内で参加者がアウトプットできる機会を設ける

インプットばかりだと、研修で身につけたスキルの活用が難しい場合がある。よって、アウトプットできる機会を設けて、研修後も役立ててもらうことが大事だ。下記のような方法がある。

①紙に書き出してもらう

自分が思っていることを、ノートなどの紙に書き出す方法だ。記録として残るため、見返すときに便利だ。紙に書き出した内容を元に「マインドマップ」や「やることリスト」を作成させて、タスク管理のときに活用してもらうのもいい。

②話してもらう

自分が思ったことを人に話してもらう方法もある。グループ内で討論してもらったり、参加者の1人として意見を発表してもらったりなど、様々なシチュエーションを試すといい。

2.参加者の立ち位置によって研修内容を変える

参加者の立ち位置によって、研修内容を変えることも大切だ。社歴が同じ従業員でも、立ち位置で業務の内容が異なるためだ。

仮に社歴10年でプレイヤーとして活動する方であれば、プレイヤーとしてのスキルを上げる研修がいい。しかし社歴が同じでも管理職に就いている場合は、部下を管理する業務が発生する。よって、チームビルディングやリーダーシップなどプレイヤー以外のスキルを身につける研修が必要となる。

立ち位置を把握しないと、業務で役に立たない研修を受講させることになってしまう。効率的に研修内容を身につけてもらう意味でも、立ち位置によって研修内容を変えるべきだ。

3.研修内容によって受講スタイルを変えていく

研修内容によって最適な受講スタイルは異なる。ちなみに受講スタイルと言っても、様々な視点から考えなければならない。受講スタイルは以下の視点を意識しながら決めるといい。

①オンラインorオフライン

オンラインのメリットはインターネット環境があれば、どこにいても受講できることだ。研修会場に集まる必要がないため、自宅や出張先からでも研修を受けられる。

一方オフラインのメリットは、他の参加者たちと同じ場所で参加できることだ。1人で受講するのが不安な方や、誰かと一緒に受講したい方にはオフラインの研修が向いている。

②少人数指導or大人数指導

少人数指導のメリットは、参加者1人に対して時間を多く割けることだ。受講生が少ない分、特定の参加者に対して時間を多く割けたり、参加者の質問にたくさん答えられたりする。

一方大人数指導のメリットは、大勢の参加者に対して、一度に研修を実施できることだ。何度も同じ研修を実施できないときに向いている。

③座学中心or実践中心

座学中心のメリットは、手軽に実施できることだ。講師と生徒さえいれば社員研修を実施できるため、準備の手間が少ない。

たいして実践中心のメリットは、得た知識を行動に移しながら習得できることだ。とくに「分かった」から「できる」に変えていきたい場合は、実践中心の研修がいい。

4.先輩社員とのコミュニケーションの場を設ける

先輩社員とのコミュニケーションの場を設けるのも目的を果たすために大事なポイントだ。他社の考えや意見を知ることで新しい発見が生まれたり、自分の役割を考えたりするきっかけになり、研修の目的を達成しやすくなる。

なおコミュニケーションの場を設けるときは、以下の形式を活用するといい。

①グループワークに参加してもらう

先輩社員にグループワークへ入ってもらう方法だ。この中に参加させれば、自然と意見交換できる場になり交流しやすくなる。

②体験談を発表してもらう

先輩社員に入社してからの体験談を発表してもらうのもいい。社員として働いてきて、やりがいを感じたことや今までに起こった出来事、会社へ対する感想などを話してもらうと、先輩社員がどのような人物かが分かる。

話してもらった内容が参加者の心に響けば、研修への参加意欲が上がったり、真剣に取り組んだりするきっかけにつながるため、いい。

③研修後に懇親会を実施する

研修後に懇親会を行うのも、先輩社員とのコミュニケーションの場を増やすのに効果的だ。飲食店で食事会をしたりオンライン飲み会を行ったりなど、様々な方法がある。

懇親会によって仕事モードをOFFにできれば、参加者は気軽な感じで先輩社員と話せる。堅苦しい雰囲気を出さずに交流させたいときに、おすすめの方法だと言える。

5.参加者に振り返りをしてもらう

参加者に振り返りをしてもらうのも大切だ。振り返りをしてもらうメリットは以下の3つだ。

①研修で得た内容を整理できる

振り返りを行うときは、社員研修で教わった内容を思い出す作業が発生する。そのため、研修で得た内容を整理するのは必然的に発生すると思っていい。整理すれば、自分にとって大切な箇所や注意すべき箇所を見直せる。研修後の復習にも役立つため便利だ。

②研修後の自分像を描きやすくなる

研修後の自分像を描けると、キャリアの築き方をイメージするのも楽になる。そのキャリアを実現するために必要なスキルや勉強すべき内容を想像できるため、今後取り組むべき内容が見えてくる。自分の進むべき道を参加者に決めてもらうときに便利だ。

③身につけたスキルの活かし方を考える

研修で身につけたスキルの活かし方を考えるきっかけにもなる。仮にマーケティングの研修を受講した場合であれば、「マーケティングの資格勉強をしてプロフェッショナルを目指す」「マーケティング関連の別研修を受講して幅広い知識を習得する」といったイメージだ。幅を広げながら物事を考えることが大事になる。

まとめ

ひと口に社員研修の目的と言っても様々だ。社員研修を実施する目的は以下の5つだ。

1.社員のスキルアップを促す
2.社内のことを知ってもらう
3.新たな気付きを得てもらう
4.社内でのトラブルを防止する
5.学生気分をなくしてもらう

社員研修はスキルアップ以外にも、様々な目的が設定されている。これらの目的を達成できるのであれば、クオリティの高い研修だと思っていい。ただし目的を達成するには、いくつかのポイントを抑えておく必要がある。

1.研修内で参加者がアウトプットできる機会を設ける
2.参加者の立ち位置によって研修内容を変える
3.研修内容によって受講スタイルを変える
4.先輩社員とのコミュニケーションの場を設ける
5.参加者に振り返りをしてもらう

これらのことを実践すれば、社員研修で目的を達成することが可能になる。研修は成果を出さなければ時間とコストの無駄だ。有益な状況を生み出すためにも、目的を達成できる研修を行っていただければと思う。

リカレントの若手研修はこちら

Q&A
  • 社員のスキルアップはもちろんのこと、会社の内情を知ってもらったり新たな気付きを得てもらったりする目的などがあります。
  • 目標設定をするときは、期限を決めたり達成できそうな内容を設定したりすることが大事です。その他に期限を決めて、達成するまでのペースを上げることも忘れてはいけません。
  • 参加者にアウトプットする機会を設けたり、状況によって研修内容を変えたりすることで、目的を達成しやすくなります。その他に先輩社員とのコミュニケーションの場を設けて、自分にない価値観を手に入れてもらうのも大事です。

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)